合併直前の鬼無里村ホームページをアーカイブとして掲載しています。掲載されている内容は最新の情報ではなく、更新されませんのでご注意ください。また、ご覧になれないページもございますがご了承ください。

教育・文化

○学校基本調査(調査日 5月1日)、保育園の状況

H4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年 11年 12年 13年 14年 15年
小学校 学級数
児童数(人) 112 112 108 107 96 92 81 82 78 73 78 83
教員数(人) 11 11 11 10 12 11 10 10 11 11 11 11
中学校 学級数
生徒数(人) 71 75 61 59 64 60 57 46 51 50 42 35
教員数(人) 10 12 11 11 10 10 10 10 12 10 10 10
保育園 園児数(人) 32 38 43 47 50 50 58 58 51
教員数(人)

○園児・児童・生徒数の推移

年度 園児数 児童数 生徒数
昭和45年 74 370 235
50年 125 306 183
55年 100 272 154
60年 56 201 127
平成2年 50 137 80
7年 32 107 59
12年 50 78 51

○指定文化財一覧

指定区分  種 別 指定年月日    名   称  所在地    摘     要 
重要文化財 S34. 6.27 白髯神社本殿 祖 山 一間社流造、こけら葺、室町時代の建築
天然記念物 S37. 7.12 新井のイチイ 新 井 幹周6.5m、県内の代表的な巨木
  〃 S62. 8.17 ハチノス状風化岩 深谷沢 風の侵食 20cm〜1cm町入り
長野県名勝 H 2. 2.19 奥裾花渓谷 奥裾花 奥裾花ダムより上流濁川と清水川合流点まで裾花川両側127ha
天然記念物 H12. 9.21 奥裾花自然園のモリアオガエル繁殖地 吉池、奥裾花社前池、ひょうたん池及び各池周囲50mを含む
有形文化財 S54. 4. 1 土倉文珠堂 土 倉 旭将軍木曽義仲公の守仏と伝える 寛政7年
  〃   〃 松島大日堂 松 原 名僧が巡歴して百日間の行をした道場
  〃   〃 諏訪神社宝蔵校倉造り 財 又 校倉造り 間口2間 奥行き2間
天然記念物   〃 峯のヒメコマツ 中 田 幹周2.7m 高さ40m
  〃   〃 峠のカツラ  峠 幹周6.0m 高さ40m
  〃   〃 高橋のしだれザクラ 高 橋 幹周3.5m 高さ10m
  〃   〃 荒倉山神社のトチ 上新倉 幹周4.5m 高さ25m
  〃   〃 白髯神社のケヤキ 祖 山 幹周4.5m 高さ35m
  〃   〃 加茂神社のスギ 東 京 幹周6.3m 高さ40m
  〃   〃 南浦のイチイ 南 浦 幹周5.0m 高さ20m
  〃 S63. 3.31 皇大神社のケヤキ 押出し ケヤキ一対 幹周右4.5m、幹周左4.0m、高さ30m
有形文化財 S58. 4. 1 松巌寺経蔵  町 六角輪蔵 江戸時代中期
  〃   〃 木造釈迦如来像  〃 桧材一木造り座像、(高さ46.5m)室町時代後期
  〃   〃 松巌寺観音堂  〃 桁行3間 梁間4間、入母屋造り妻入り 寛永3年
天然記念物   〃 今池湿原のミズバショウと棲息するモリアオガエル、クロサンショウウオ 今 池 面積4ヘクタール群生地
  〃   〃 奥裾花のブナの原生林 奥裾花 奥裾花今池一帯
  〃   〃 クルワドウ沢入口サンドパイプ  〃 生痕化石のひとつ(巣孔動物の巣穴)
  〃   〃 ハチノス状風化岩  〃 風の侵食 20cm〜1cm
  〃   〃 千畳敷岩  〃 塊状の砂岩
  〃   〃 漣痕(リップルマーク)  〃 堆積岩の成層面上の波形模様
  〃   〃 日影向斜の向斜軸  〃 褶曲の谷型構造
  〃   〃 甌穴(ポットホール)  〃 河床の岩盤に渦流により生じた深い穴
  〃   〃 アズメ沢の化石群  〃 泥岩層中の10数枚の化石層
  〃   〃 クルワドウ沢の団塊  〃 積層岩中の球状の団塊
天然記念物 S58. 4. 1 奥裾花のケスタ地形 奥裾花 緩傾斜する硬軟互層地域の非対象な山型
  〃   〃 一之坂亀甲岩 押 一 乾裂
有形文化財 H 1. 7. 1 山角観音堂の日不見観世音菩薩 山 角 栗津が原で木曽義仲に従って討死した今井四郎兼平の守護仏である
  〃 H 1.11. 1 山車 押 出 皇大神社所有
  〃   〃  町 鬼無里神社所有 安政4年
  〃   〃 一之坂 三嶋神社所有 明治6年
  〃   〃 財 又 諏訪神社所有
  〃   〃 神楽 祖 山 白髯神社所有
  〃   〃 東 京 加茂神社所有 文久元年
天然記念物 H 2. 6. 1 加茂神社ねずこ 東 京 幹周3.5m 高さ20m
  〃   〃 金比羅神社神代桜 下新倉 幹周6.5m 高さ20m
有形文化財 H 3.11.1 加茂神社本殿 東 京 1間社流造 柿葺 18世紀中期
  〃   〃 諏訪神社本殿 財 又 3間社流造 柿葺 軒唐破風付文化2年(1805)木礼
  〃   〃 皇大神社本殿 押 出 1間社神明造 柿葺寛政6年(1794)棟礼
  〃   〃 十二神社本殿 中 田 1間社流造 横板葺安永8年(1779)棟礼
  〃   〃 三嶋神社本殿 一之坂 3間社流造 柿葺 明治5年 社伝
  〃   〃 皇大神社本殿 高 橋 1間社神明造 大板葺文化3年(1806)棟礼
  〃   〃 鬼無里神社本殿  町 1間社流造 柿葺 18世紀後期
  〃   〃 荒倉山神社本殿 上新倉 1間社流造 柿葺 明治11年棟礼
  〃   〃 津島神社本殿 小鬼無里 3間社流造宮殿 板葺 昭和期
  〃   〃 天神社本殿  岡 1間社流造 板葺 19世紀前期
  〃   〃 虫倉神社本殿 上 平 1間社流造 柿葺 大正9年
  〃   〃 大姥神社本殿 親 沢 1間社流造 板葺 明治期
  〃   〃 三社神社本殿 瀬 戸 1間社流造 柿葺、明治21年 木札
  〃   〃 朝日社 土 倉 2間・3間半 入母屋造 鉄板葺、17世紀後期幕末改造
  〃   〃 金比羅神社本殿 下新倉 2間社流造 板葺 明治24年文書
  〃   〃 松原神社本殿 松 原 祝詞殿と一体 明治40年 棟礼1間社切妻造 鉄板葺、
  〃   〃 春日神社本殿 西 京 3間社流造 板葺、寛政2年(1790) 棟札写
  〃   〃 皇大神社本殿 府 成 1間社神明造 大板葺、18世紀中期
  〃   〃 大姥神社本殿 萩之峰 1間社切妻造 板葺 昭和期
  〃   〃 十二神社本殿 岩 下 1間社流造 大板葺 17世紀中期
有形文化財 H 3.11. 1 十二神社本殿 押 切 1間社流造 大板葺 平成元年
  〃 日之御子神社本殿 田之頭 1間社流造 大板葺、明治13年 墨書
  〃 地蔵堂 小鬼無里 方3間 入母屋造 茅葺1間向拝、寛政9年(1797)木札
  〃 正福寺鎮守堂 十二平 1間社流造 流板葺、18世紀中期
  〃 松巌寺鎮守堂  町 1間社流造 柿葺、宝暦12年(1762)文書
  〃 H 5. 3.31 飯綱神社 七ツ室 1間社流造 見世棚造、大板葺 文化14年(1817)
  〃 H10.12.24 松巌寺観音堂算額  町 江戸時代後期の和算家寺島宗伴に係る貴重な算額、天保13年 55cm×195cm
天然記念物 飯綱神社のイチイ 七ツ室 幹周5.4m 高さ20m