臥雲院
臥雲院は、中条村日下野臥雲にある曹洞宗のお寺です。開基は嘉暦三年(1328)で、臨済宗眠月山臥雲院。史実によると前身は、この地に大同年間(806〜809)に創建された天台宗普済寺です。本堂と総門及び鐘楼は、村指定有形文化財です。永禄元年(1558)臨済宗を曹洞宗に改め隆昌の基が定まりました。「七不思議」の伝説(要石・風欠・塵穴・伽藍池・客殿・片目魚・客殿の雨垂)が有名です。