ホーム > お知らせ

展示のお知らせ

  
左:銅造観音菩薩立像(長野市吉 山千寺 丸山保重氏ほか蔵)
右:鉄鍬形(長野市若穂保科 清水寺 寄託)

●銅造観音菩薩立像(国重要指定文化財)
公開期間/9月4日(火)~11月4日(日)
山千寺本尊と伝えられる白鳳期(7世紀後半)の小金銅仏です。二重まぶたのあどけない表情、丸みを帯びた体つき、誇張された手足は童子の姿を連想させます。飛鳥仏の面影を残した、長野市最古の仏像といわれています。

●鉄鍬形(国重要指定文化財)
公開期間/9月22日(土)~11月4日(日)
通常は複製品が常設展示されていますが、期間限定で現物を展示します。鉄鍬形とは兜正面に付ける前飾りのことで、こちらは日本に現存する鉄鍬形では最も古いとされる貴重な品です。

ページの先頭へ