長野市公文書館
役 割
  公文書館は、長野市の歴史資料として重要な公文書や古文書その他の記録資料を収集・保存し、市民共通の財産として後世に伝えるとともに、閲覧等により皆様に利用していただく施設です。
  公文書館は、歴史資料を保存 ・ 利用する情報センターとして、 将来にわたり開かれた市政を推進し、文化の振興に資する役割を担います。

新着情報

2017年4月14日  
長野市公文書館便りVol.30を発行しました
2017年3月23日  
市誌研究ながの第24号発刊・頒布のお知らせ

お知らせ

長野市公文書館便りVol.30を発行しました

公文書館便りVol.29

   長野市は、市の魅力を掘り起こして、市民をはじめ全国の皆さんに知ってもらおうと、「ながのシティプロモーション」の企画に取り組んでいます。その一環として平成28年度、長野市の歴史を紹介する動画番組を作り、インターネットテレビ局「愛テレビながの」で配信してきました。長野市公文書館もその制作に加わってきました。
   第30号では、作成された動画番組「ふるさと長野 カイブくんの歴史探訪」の内容・利用について、主な場面・見どころなどについて紹介しています。
   また、当公文書館は、おかげさまを持ちまして来館者が1万人に到達しました。その際のセレモニーの様子も載せています。「日々是文書〜スタッフ通信〜」では、『市誌研究ながの』24号の刊行、旧和紙公図のデジタル化等も紹介しています。     バックナンバーはこちら

市誌研究ながの第24号発刊・頒布!(定価1,500円)

市誌研究ながの第24号

  今号では市公文書館講演「女優・松井須磨子とその時代」、「近世初頭以前の鐘鋳堰の開発について」、「松代藩における「夫役」の研究‐勘定所元〆の「夫役」に関する返答書を中心に‐」など11編、   1部1,500円で頒布もしておりますので、詳しくは下記リンク先をご覧ください。
また、市立図書館・公民館などでも閲覧できます。


    第24号目次はこちら
    ご購入方法はこちら

こんなときはご相談ください。

  • 古い土蔵などを取り壊すので、所蔵資料を寄贈・寄託したい。
  • 所蔵資料の保存・活用を図り、後世に伝えたい。

閲覧申込書ダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Readerプラグイン(無料)が必要です。
Adobe Reader