ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

2016年11月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年11月29日更新

茶臼山動物園で記念撮影

 茶臼山動物園では、12月11日(日曜)まで、来年の干支(えと)の「酉(とり)」にちなんで、鳥の写真パネルなどと一緒に年賀状用の記念撮影ができるイベントを行っています。

 イベントの開催時間は、13時20分から13時50分まで(土・日曜は、11時から11時30分までと13時20分から13時50分まで)となっています。カメラを持参して、ご家族でお出掛けください。

 茶臼山動物園(外部リンク)

茶臼山動物園で年賀状写真撮影の様子

野外彫刻写真コンテスト入賞作品をご覧ください

 11月28日(月曜)、市役所で「第36回長野市野外彫刻写真コンテスト表彰式」を行いました。

 このコンテストは、市内に設置している野外彫刻の紹介とともに、より野外彫刻に親しんでもらうことを願い、毎年開催しています。本年度は、106点の応募作品の中から最優秀賞など12点を表彰しましたが、入賞した皆さんは熱心に審査講評に耳を傾けていました。

 入賞作品は、12月5日(月曜)から16日(金曜)まで、市役所第一庁舎1階市民交流スペースに展示しますので、ぜひご覧ください。

審査員が第36回長野市野外彫刻写真コンテスト入賞作品の講評をしている様子

世界の文化を体験

 11月27日(日曜)、もんぜんぷら座で国際交流イベント「おぉ!地球人ワールドフェスタIN長野2016」を開催しました。

 本年で5回目の開催となったこのイベントでは、民族舞踊や民族衣装のファッションショーなど多彩なステージ発表を行ったほか、世界の料理販売も行い、大勢の来場者でにぎわいました。

ブースに来場者が大勢集まっている様子

民生委員・児童委員 12月1日一斉改選

 11月24日(木曜)、ホクト文化ホールで、民生委員・児童委員の改選による感謝状贈呈と委嘱状伝達式を行いました。

 式典では、加藤市長から、退任される委員へ感謝状を贈呈し、新たに務めていただく委員へ厚生労働大臣からの委嘱状を伝達しました。

 長野市の民生委員・児童委員(定数875人)の皆さんは、これからも地域の身近な相談相手として活動していきます。

加藤市長が感謝状を手渡している様子

晩秋の夜空を色鮮やかに

 11月23日(水曜)、犀川河川敷で、第111回長野えびす講煙火大会が開催されました。

 音楽と花火が共演するミュージックスターマインや特大スターマイン、キャラクターをイメージした花火など、約1万3千発が晩秋の夜空を彩りました。大勢の人で埋め尽くされた会場では、色鮮やかな花火や迫力のある花火が打ち上がるごとに、大きな歓声と拍手が沸いていました。

スターマインが打ちあがっている様子

スーパーコンピューターを展示

 11月20日(日曜)、長野市少年科学センターにスーパーコンピューター「京(けい)」のシステムボードなどを展示しました。

 訪れた皆さんは、開発業者による説明を熱心に聞いたり本物の部品に触れたりして、世界ナンバーワンクラスの処理速度を誇るスーパーコンピューターに関心を寄せていました。

 皆さんもぜひ、国内に2カ所しか展示されていない貴重な資料をご覧ください。

長野市少年科学センター(外部リンク)

訪れた皆さんが部品に触れたり担当者に質問している様子

女性に対する暴力について考えよう

 11月18日(金曜)、勤労者女性会館しなのきで、パープルリボンプロジェクト・ジャズコンサートを開催しました。

 大勢の男性・女性、そして幅広い年代層の皆さんが会場に訪れ、サックス、ピアノ、ドラムの奏でるジャズを楽しみました。皆さんは、演奏が全て終わると会場内のツリーにパープルリボンを付け、DV(ドメスティックバイオレンス)の防止を訴えました。

 11月25日(金曜)まで、「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。この機会に、女性に対する人権尊重や暴力防止について考えてみましょう。

演奏者がジャスを演奏している様子 子どもがツリーにパープルリボンを付けている様子

世界のトップスケーターを間近で見るチャンス!

 11月18日(金曜)から20日(日曜)まで、エムウェーブを舞台に「2016/17 ISU ワールドカップスピードスケート競技会・長野大会」が開催されています。

 世界のトップスケーターの迫力ある滑りをぜひ会場でご覧ください。表彰台を狙う日本の選手に熱い声援を送りましょう。

 (この大会は、ながの夢応援基金を活用して開催されています。)

試合を前に練習している選手の様子

パルセイロの選手と一緒に最後まで戦おう!

 11月20日(日曜)13時から、南長野運動公園総合球技場で、2016J3リーグ第30節 AC長野パルセイロ対鹿児島ユナイテッドFCの試合が行われます。

 今シーズン最終戦です。最後まで全力で戦う選手たちに、会場で熱い声援を送りましょう!

AC長野パルセイロホームページ(外部リンク)

南長野運動公園総合球技場のホームスタンドで応援しているサポーターの様子

差別のない明るい社会を目指して

 11月14日(月曜)、若里市民文化ホールで、全ての人が人間として尊重され、あらゆる差別のない明るい社会の実現を目指して、「人権を尊重し合う市民のつどい」を開催しました。

 39回目の開催となる今回は、平成6年に発生した松本サリン事件で容疑者扱いをされた河野義行さんによる「命ある限り・松本サリン事件を超えて」と題した講演と、本年度の人権啓発ポスター・標語などの入賞作品の表彰式を行いました。

講演する河野さん

1,600人を超えるランナーが若穂を快走

 11月13日(日曜)、若穂地区で、「第5回ながのとびっくランinわかほ」が開催されました。

 3キロ・10キロ・21.0975キロメートル(ハーフマラソン)と、1.5キロメートルのファミリーランの4部門に1,600人を超える皆さんが参加し、紅葉の見頃な若穂地区内を元気に駆け抜けました。

ランナーが元気よくスタートする様子

りんご狩りウオーキングを開催

 11月12日(土曜)、豊野地区で、「第11回りんご狩りウオーキング」を開催しました。

 爽やかな秋晴れの中、参加した40人の皆さんは、地区の名所などを巡る約10キロメートルの行程を、サンふじのリンゴ狩りをしたり酒蔵の見学をしたりしながら、楽しく歩きました。

豊野地区で行ったりんご狩りウオーキングの様子

東京の応援団がアドバイス

 11月11日(金曜)、東京で、長野市に縁があり首都圏で活躍している人たち(ふるさとNAGANO応援団)と、加藤市長らが意見交換会を行いました。

 市から、地域きらめき事業(一支所一モデル事業)や市立長野高等学校中高一貫教育に向けた取り組みなどについて説明をした後、意見交換を行いました。

 出席した13人の応援団員は、「長野市は情報発信力が弱い。情報発信体制の充実が必要」などと、長野市を外から見ている視点でアドバイスしました。

ふるさとナガノ応援団との意見交換の様子

特別企画展「戦国の絆」最終章

 真田宝物館では、12月12日(月曜)まで、特別企画展 戦国の絆 第3期「真田 近世大名への道-昌幸・信之・信繁-」を開催しています。

 関ヶ原の戦いの後、高野山に配流された昌幸、大坂の陣で討ち死にした信繁、そして徳川方の武将として地位を確かなものとしていく信之、それぞれの姿を紹介しています。

 約1年にわたり開催してきた特別企画展は、この第3期が最後の展示となります。ぜひご覧ください。

真田宝物館(外部リンク)

特別企画展 戦国の絆 第3期で展示している「真田信之所用 二枚胴具足」の様子

長野地域の活性化に向けて

 11月10日(木曜)、長野市役所で、長野市連携中枢都市圏ビジョン懇談会を開催しました。

 本年度からスタートした長野地域連携中枢都市圏における46の連携事業の進捗(しんちょく)状況の報告や、産業・大学・金融機関・行政などが連携して取り組んでいる事例紹介、出席した委員同士による意見交換を行いました。

委員の皆さんが進捗状況を聞いている様子

安心・安全な避難生活のために

 11月9日(水曜)、市役所で長野市と社会福祉法人長野市社会事業協会との「災害発生時における福祉避難所の設置及び管理運営に関する協定」の締結式を行いました。

 この協定により、長野市社会事業協会が所有する8つの施設を民間の施設では初めて、災害時に一般の避難所では生活が難しい人が、安心・安全に避難生活ができるように開設する福祉避難所に指定しました。

 市では、今回の指定で57施設となった福祉避難所について、より多くの施設を指定できるよう、引き続き取り組んでいきます。

加藤市長と寺田理事長の記念写真

一日消防長に矢澤選手

 11月9日(水曜)、秋の火災予防運動の初日に、リオデジャネイロオリンピックカヌー日本代表の矢澤一輝さんが一日消防長を務めました。

 矢澤消防長は、一般から応募のあった一日消防士6人と一緒に、消防演習訓練への参加や啓発パンフレットの配布などを行い、火災予防を呼び掛けました。秋の火災予防運動は11月9日(水曜)から15日(火曜)まで実施します。

矢澤一輝さんが火災予防啓発パンフレットを配布している様子 消防演習訓練での一斉放水の様子

若穂のジビエ振興キックオフ

 11月8日(火曜)、市役所内の食堂で、地域発きらめき事業若穂地区実行委員会と株式会社ししとうフーズの共催による、ジビエ振興のキックオフイベントを開催しました。

 参加した皆さんは、若穂地区で捕獲したイノシシやシカを使った「ぼたん鍋」や「いのしかロースト」「鹿のホワイトカレー」などの料理を十分に味わいながら、おいしそうに食べていました。

 同食堂では、平成29年2月15日(水曜)までの第2・4火曜日を「若穂ジビエの日」として、ジビエ料理を提供しています。

ジビエ料理を食べている参加者の様子

飯綱高原でウオーキングフェスティバル

 11月6日(日曜)、大座法師池周辺で、飯綱高原健康ウオーキングフェスティバルを開催しました。

 参加者の皆さんは、飯綱高原芝生広場で講師からノルディックウオーキングやポールウオーキングの歩き方などを教わった後、3キロ・7キロ・11キロメートルのコースを楽しみながら歩いていました。

参加者が講師に教わりながら歩いている様子

長野市ゆかりの芸術家・池田満寿夫の足跡を訪ねて

 11月5日(土曜)、長野市にゆかりのある芸術家の作品などを訪ねて回る「わが街ながののアート探訪」を開催しました。

 今回は、「池田満寿夫の世界」と題して、松代町にある池田満寿夫美術館学芸員の案内で、池田満寿夫美術館のほか、県立長野高等学校旧校舎内の池田満寿夫ギャラリーやエムウェーブにある最晩年の作品「オリンピック讃歌」を見学しました。

エムウェーブで作品を見学している様子

中条の秋を満喫

 11月3日(木曜)、道の駅中条で、「信州むしくらまつり」が開催されました。

 10回目となる今回は、地元の伝統芸能の披露や物まねタレントによるステージ発表などのほか、きのこ汁の振る舞いも行われました。中条地区のゆるキャラ「やまんば様」も登場し、会場を訪れた皆さんは、秋空の下、中条の秋を楽しんでいました。

むしくらまつりの様子

 ・子どもを見守る神様「やまんば様」(ステージ中央)も登場

むしくらまつりの様子

 ・千人鍋(きのこ汁)の振る舞い

市南部の救急対応力を強化

 11月1日(火曜)、市消防局篠ノ井消防署塩崎分署で、「救急隊発足式」を行いました。

 式典では、関係者によるテープカットの後、救急救命士が救急活動デモンストレーションを行い、日頃の訓練の成果を披露しました。

 塩崎分署には、同日から特定医療行為ができる高規格救急自動車を配備し、市南部の救急要請に迅速に対応していきます。

高規格救急自動車の前でテープカットをしている様子

救急救命士が救急活動デモンストレーションを行っている様子

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る