ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

2017年6月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年6月26日更新

消防団ポンプ操法・ラッパ吹奏大会を開催

 6月25日(日曜)、長野県消防学校で「第59回長野市消防団ポンプ操法大会」と「第36回長野市消防団ラッパ吹奏大会」を開催しました。

 この日は、小型ポンプ操法の部に13分団、ラッパ吹奏の部に8チームが出場し、日頃の訓練の成果を披露しました。各部門で入賞したチームは、7月9日(日曜)に開催される長野消防協会大会に出場します。

ポンプ操法の様子

ラッパ吹奏の様子

大学生と市長が意見交換

 6月22日(木曜)、信州大学教育学部で、市民の皆さんと市長が意見交換を行う「みどりの移動市長室」を開催しました。

 この日は、教員を目指す学生10人と加藤市長が懇談し、学生の皆さんは自主的に行っている小学生との交流を通して感じたことや、学生生活を送っている長野市の印象などを述べていました。

意見交換の様子

食品ロス削減に向けて

 6月22日(木曜)、吉田公民館で、長野市生ごみ減量アドバイザー養成講座の公開講演会を開催しました。
 この講演会は、生ごみ減量アドバイザー育成の一環として、食品ロス問題の専門家の井出留美さんによる「食べものを無駄(ロス)にしていませんか?」と題して行いました。参加した皆さんは、食品ロスの現状・課題や食品ロス削減事例などの話を聞き、毎日の暮らしの中や地域での食品ロス削減に向けた取り組みの大切さを学んでいました。

食品ロス削減講演会

クリアウォーター市の教師が来庁

 6月22日(木曜)、米国・クリアウォーター市の交換教師、ダニエル・ロバート・バールソンさんとエリザベス・イレイネ・マクルスキーさんが加藤市長を表敬訪問しました。

 長野市と姉妹都市のクリアウォーター市は、中学生や高校生、英語教師を毎年相互に派遣しています。今回来日した2人は、7月8日(土曜)までホームステイをしながら、市内の小・中学校16校を訪問し、児童・生徒と交流する予定です。

クリアウオーター交換教師来庁

川中島の戦いの武具に注目

 市立博物館では、6月25日(日曜)まで、企画展「ドキュメンタリー・信玄と謙信」を開催しています。

 武田信玄と上杉謙信が5回にわたり戦った川中島の戦い。今回の企画展では、この戦いで武士たちが身にまとったであろう武具や防具などを再現して分かりやすく展示しています。また、写真が撮れるポイントも用意しています。ぜひお出掛けください。

市立博物館ホームページ(外部リンク)

企画展の様子

犬と猫の休日譲渡会を開催

 6月17日(土曜)、若里にある旧フルネットセンターで犬と猫の休日譲渡会を開催しました。

 この譲渡会は、市保健所動物愛護センターで保護している犬と猫の新しい飼い主を探すため、毎月1回土曜日に行っています。この日は、およそ170人の皆さんが参加し、お気に入りの犬や猫を探したり、譲り受けの相談をしたりしていました。

 譲渡会の様子

真田三代の所用品を展示

 真田宝物館では、6月25日(日曜)まで、企画展「真田乱世を生き抜く!-真田三代」を開催しています。

 戦国時代を生き抜いた、真田幸綱・昌幸・信之に注目した展示で、「伝 真田昌幸画像」などの古文書や所用品を紹介しています。

 また、6月24日(土曜)には、甲冑(かっちゅう)の着用体験ができるイベントを開催します。子ども用も用意していますので、ぜひご家族でお出掛けください。

真田宝物館ホームページ(外部リンク)

真田昌幸画像

  • 伝 真田昌幸画像(個人蔵)

姉妹都市から中学生が来訪

 6月15日(木曜)、姉妹都市である米国・クリアウォーター市の中学生訪問団が市役所を訪れました。

  9人の訪問団は、21日(水曜)まで本市に滞在し、三味線と尺八の演奏や着物の着付け、折り紙など、日本の伝統文化を体験したり、東北中学校での授業に参加したりする予定です。

クリアウオーター中学生訪問団

土砂災害に備えて実践訓練を実施

 6月11日(日曜)、戸隠支所一帯で、戸隠地区土砂災害対応訓練を行いました。

 この訓練は、これからの梅雨前線の影響による大規模な土砂災害に備え、住民と関係機関が連携し、避難態勢や災害復旧への初動対応などを確認するため実施したものです。

 この日参加した戸隠地区住民自治協議会や市消防団、特別養護老人ホームの皆さんと市職員らは、災害が起きた想定で、高齢者などの避難訓練や、孤立可能性集落との通信訓練など実践的な訓練を行いました。

戸隠地区土砂災害対応訓練の様子

東アジアバスケットボール選手権大会2017で日本が3位

 6月7日(水曜)、ホワイトリングで「東アジアバスケットボール選手権大会2017」の決勝戦や表彰式などが行われました。

 決勝戦は、チャイニーズ・タイペイが77対64で韓国を破り、東アジアチャンピオンに輝きました。日本は、3位決定戦で中国に76対58で快勝し、8月10日(木曜)から開催される「FIBA ASIAカップ2017」の出場権を獲得しました。

東アジアバスケットボール大会表彰式の様子

  • 優勝したチャイニーズ・タイペイチーム

災害時の連携を確認

 6月3日(土曜)、若穂多目的広場で、長野市水防訓練を行いました。

 この訓練は、これから出水期を迎えるので、集中豪雨や台風による河川の決壊・氾濫などの災害に備え、住民と関係機関の連携確認と水防に関する知識・技術の向上を目指して実施したものです。

 この日参加した若穂地区自主防災会連絡協議会や市消防団、市建設業協会の皆さんと行政機関の職員らは、災害が起きた想定で、被害状況を把握する情報伝達訓練や水防工法の実施など実践的な訓練を行いました。

水防訓練の様子

東アジアバスケットボール選手権大会2017が開幕

 6月3日(土曜)、ホワイトリングで「東アジアバスケットボール選手権大会2017」が開幕しました。

 開幕初戦の日本対韓国戦では、TIP OFF(ティップオフ)セレモニーが行われ、加藤市長が試合球を手渡して試合が始まり、日本が78対72で勝利しました。

 この大会は、6月7日(水曜)まで東アジア地区の6チームが東アジア王者の座を懸けて戦います。ぜひ会場でトップレベルの試合をお楽しみください。

東アジアバスケットボール選手権大会の様子

日本対韓国戦

「じゃん・けん・ぽん」入館者80万人達成!

  6月1日(木曜)、こども広場「じゃん・けん・ぽん」で、入館者80万人達成記念セレモニーを行いました。

  セレモニーでは、関係者の皆さんがくす玉を割ったり、80万人目の親子にプレゼントを贈呈したりして、会場のみんなで80万人達成を祝いました。

セレモニーの様子

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る