ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

2017年12月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年12月29日更新

飯綱高原スキーと戸隠スキー場にお出掛けください

飯綱高原スキー場

 近くて、安くて、楽しく遊べる飯綱高原スキー場では、「づなっち」と一緒に滑ったり、遊べんだりして楽しめます。毎週土曜日と日曜日、祝休日の午前11時ごろから、づなっちとジャンケンしてプレゼントがもらえるイベントなどを開催します。

飯綱高原スキー場 (新しいウィンドウが開きます)

飯綱高原スキー場の様子

戸隠スキー場

 スキーが初めてのお子さんも、「忍者スロープ」にある巻物スラロームや波乗りの術など忍者修行することで、スキーが上達していきます。ご家族でお越しの際は、さまざまな組み合わせで利用できるお得なリフト券ファミリーパックがお薦めです。また、レストランでは、雄大な戸隠連峰を眺めながら、戸隠そばやシェフこだわりのランチを楽しめます。

戸隠スキー場 (新しいウィンドウが開きます)

戸隠スキー場忍者スロープの様子 

平昌オリンピック日本代表の切符は誰の手に

 12月27日(水曜)から30日(土曜)まで、エムウェーブで、平昌オリンピックスピードスケート日本代表選手選考競技会が開催されています。

 27日の女子500メートル競技では、平昌オリンピックで活躍が期待される小平奈緒選手が、国内新記録・エムウェーブリンクレコード更新で優勝しました。

 ぜひ会場で、選手たちの熱い戦いに声援を送りましょう。

平昌オリンピックスピードスケート日本代表選手選考競技会 (新しいウィンドウが開きます)

小平奈緒選手の様子

・表彰台での小平選手(写真中央)

小平奈緒選手の様子 

笑顔の力で観客を魅了

 12月24日(日曜)、ビッグハットで、長野オリンピック・パラリンピック20周年記念事業「スマイルジャパン壮行試合in長野」が行われました。

 この壮行試合は、スマイルジャパン(アイスホッケー女子日本代表チーム)の平昌(ピョンチャン)オリンピックでの初勝利に向けて、世界ランキング4位のロシア代表チームと行ったものです。

 12月25日(月曜)18時30分からは、第2戦が行われます。ぜひ会場で応援しましょう。

ゴールを決めて喜び合う様子

アイスホッケーの様子

NAGANOからTOKYOへ 五輪マスコットはどれに?

 12月22日(金曜)、鍋屋田小学校で、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会のマスコット投票の授業を行いました。

 この授業は、東京大会のマスコットを全国の小学生による投票により決定する取り組みとして、市内の全ての市立小学校で行うものです。

 この日は、冬季オリンピック金メダリストの荻原健司さんと冬季パラリンピック金メダリストの大日方邦子さんが参加して授業が行われ、児童たちがグループに分かれ候補となったマスコットの特徴や良いところなどの話し合いを行い、その結果を発表した後に、投票を行いました。

 投票を行った子どもたちは、「自分たちの選んだマスコットが、世界でみんながつながるきっかけを作ってくれたらうれしい」「これをきっかけに、日本のことも知ってくれるといいな」と話していました。 

未来の有権者たち

東京五輪マスコット候補のイラスト

世界で活躍する一歩を長野で踏み出す

 12月20日(水曜)、長野市で、2017Jリーグインターナショナルユースカップ大会が開幕しました。試合会場となっている長野Uスタジアムと長野市営陸上競技場では、国内外の8チームが参加して、白熱した試合が繰り広げられています。

 この大会では、試合での場内アナウンスやボールパーソンを地元の高校生が行うなど、同じ年代が会場運営を支えています。

 試合は、21日(木曜)・23日(土曜)・24日(日曜)にも両会場で行われます。観戦は無料となっていますので、ぜひ会場で若き選手たちに熱い声援を送りましょう。

ヘディングをする選手

  • 20日(水曜)に長野Uスタジアムで行われた京都サンガF.C.U-18対ヴォイヴォディナ(セルビア)の試合の様子

充実した研修を報告

 12月19日(火曜)、友好都市の中国・石家庄市から来日していた語学研修生2人が、6カ月間の研修期間を終えて、帰国を前に加藤市長を表敬訪問しました。

 2人は、「長野市の自然が好き。帰国したら長野市の良さをみんなに伝えたい」「長野市の皆さんは優しかった。楽しく過ごせました」などと話し、滞在期間中の充実した思い出を振り返り、研修の修了を報告しました。

加藤市長に研修の報告をする語学研修生たち

目指せ!未来のオリンピック選手

 12月16日(土曜)、エムウェーブで、「Dream Rink Nagano スケート教室」が行われました。

 この教室は、子どもたちがオリンピック出場経験者との交流を通じて、スケートの楽しさや魅力を学びながらスケート競技へ興味を持ってもらい、さらに世界の舞台へチャレンジできる環境づくりなどを目指して開催されたものです。

 この日、アルベールビルオリンピックのスピードスケート500メートル銀メダリストの黒岩敏幸さんなどから指導を受けた子どもたちは、「シュッと滑るのが楽しい」「前よりも滑れるようになった」などと、スケートを楽しんでいました。

スケート教室の様子

家族で楽しめる「戸隠スキー場」がオープン!

 12月16日(土曜)、戸隠スキー場がオープンしました。

 雄大な戸隠連峰を眺めながら「魔法の粉雪」を滑ることができるほか、パワーアップした「忍者スロープ」では、スキー初心者の子どもたちも楽しむことができます。シェフこだわりのランチがあるレストランや、家族でお得なスキー券パックなどもありますので、ぜひお出掛けください。

戸隠スキー場(新しいウィンドウが開きます)

戸隠スキー場オープンの様子

来季のJ2昇格に向けて

  12月14日(木曜)、AC長野パルセイロの堀江三定社長、美濃部直彦ゼネラルマネージャー、トップチームの浅野哲也監督が市役所を訪れ、加藤市長に2017シーズンの報告をしました。

 浅野監督は、「勝ち切れるチームを目指していきたい」と次のシーズンに向けた抱負を語り、加藤市長は、「今後もプロスポーツの中核となり、市民の連帯感を醸し出していく力となってほしい」と激励しました。

加藤市長と、AC長野パルセイロ浅野監督達

「食品ロス」削減に向けて

 12月13日(水曜)、長野駅前の二線路通り一帯で、「長野市宴会たべきりキャンペーン~30(さんまる)・10(いちまる)運動」の街頭啓発活動を行いました。

 この活動は、忘年会などの宴会で食べ切りを推進し、「食品ロス」の削減を目指すために実施したものです。この日は、長野商工会議所の皆さんと県・市職員、市環境学習イメージキャラクター「えこねこ」が、通り掛かる人に啓発用のティッシュを渡しながら、食品の食べ切りへの協力を呼び掛けました。

宴会たべきりキャンペーンの様子

負傷者救出・救護訓練を実施しました

 12月9日(土曜)、JR長野駅自由通路内で、多数傷病者事故対応訓練を実施しました。

 訓練では、駅のホームで普通列車の衝突脱線事故により多数の負傷者が発生したことを想定し、JR東日本長野支社や長野赤十字病院、長野県、市消防局など関係機関が連携して、救命率の向上を目指した実践的な救出・救護活動を行いました。

多数傷病者事故対応訓練の様子

彩り鮮やかなシクラメンをご覧ください

 12月10日(日曜)まで、篠ノ井中央公園の管理棟で、「シクラメン展2017」を開催しています。

 約100鉢のシクラメンを展示しているほか、「シクラメンの魅力」をテーマにした講演会や、展示品の即売なども行う予定です。展示時間は、10時から16時まで(10日は正午まで)です。

(一財)ながの緑育協会(新しいウィンドウが開きます)

シクラメン展の様子

特設行政相談所を開設しました

 12月6日(水曜)、市役所市民交流スペースに特設行政相談所を開設しました。

 この特設行政相談所は、総務大臣から委嘱を受けた行政相談委員が、来庁者から行政に対する意見や苦情などを、公正・中立の立場から問題解決するために開設したものです。

 行政相談は、電話や窓口、インターネット、ファクス、郵送でも随時受け付けていますので、ご利用ください。

総務省行政相談(新しいウィンドウが開きます)

行政相談その2

 

昇格に向けて「こころをひとつに!」

 12月3日(日曜)、長野Uスタジアムで、今季最終戦となる2017J3リーグ第34節AC長野パルセイロ対ギラヴァンツ北九州の試合が行われました。

 試合は1対1で引き分け、AC長野パルセイロの今季の成績は5位でした。

 試合後のセレモニーでは、来季こそJ2昇格の夢を実現するため、みんなが「こころをひとつに!」がんばることを誓っていました。

AC長野パルセイロ(新しいウィンドウが開きます)

長野パルセイロ最終戦

みんなで作ったクリスマスツリー

 12月2日(土曜)、長野駅善光寺口駅前広場で、ミニツリーの飾り付けとクリスマスツリーの点灯式が行われました。

 高さ5.8メートルのクリスマスツリーは、長野駅善光寺口利活用ネットワークが、彩りが少なくなる冬の駅前広場に「寒さに負けないワクワクするようなにぎわい空間」を創出するため設置したもので、25日まで駅前広場を優しく照らします。

クリスマス・イルミネーションを点灯した様子

クリスマス・イルミネーションを制作した様子

交通ルールとマナーを守り安全運転を

 12月1日(金曜)、市内各地で、年末の全国交通安全運動の一環として街頭指導を行いました。
 松代大橋西側の赤川交差点付近では、地元の交通安全協会や住民の皆さんが、信号待ちのドライバーに啓発用のチラシなどを配布して、交通安全の徹底と交通ルールの遵守を呼び掛けました。また、長野南警察署管内の交通死亡事故が本年0件であることを受け、記録更新を祈願して、松代甲冑(かっちゅう)隊の皆さんが演舞を披露し、交通安全運動を盛り上げました。
 年末の交通安全運動は、12月1日から31日まで実施します。

年末の交通安全運動の様子

年末の交通安全運動の様子

東京2020大会マスコットを決めるのは全国の小学生!

 12月1日(金曜)、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会のマスコット選定の小学生投票に先立ち、同競技大会組織委員会の担当者が加藤市長を表敬訪問しました。

 懇談の中で、長野オリンピック・パラリンピック20周年を迎える長野市の協力を求められた加藤市長は、協力する旨を伝えました。

 12月7日には、マスコットの最終候補3作品が発表され、12月11日から平成30年2月22日まで、全国の小学校で投票が行われる予定です。

マスコット投票宣言をしている様子

宣言ボード

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る