ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

2018年9月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年9月18日更新

「ながのわくわく孫育て応援ブック」をご活用ください

 市では、祖父母や地域の人たちに、子育て中の皆さんの疑問や不安に寄り添い、楽しみながら子育てのサポートをするきっかけづくりとしてもらうため、「ながのわくわく孫育て応援ブック」を作成しました。市役所市民窓口課総合窓口、子育て支援課、各支所、地域子育て支援センター、こども広場で配布しています。

 9月14日(金曜)の記者会見では、ながの子育て応援キャラクターの「サイまる」が加藤市長と一緒に、ぜひ大勢の人に応援ブックを使ってもらい、一緒に子どもの成長を喜び、見守っていきましょうと呼び掛けました。

ながのわくわく孫育て応援ブック

加藤市長とサイまる

 

石家庄市から友好視察団が来訪

 9月18日(火曜)、友好都市である中国・石家庄市から10人の友好視察団が長野市を訪れ、加藤市長を表敬訪問しました。

 今回の視察団の団長である孟祥紅(もうしょうこう)石家庄市副市長と2年ぶりに再会した加藤市長は、「2年前の石家庄市への訪問時は歓迎いただきありがとうございました。今回の視察が実り多き滞在となることを願います」と話しました。

 視察団の皆さんは、長野広域連合が建設しているごみ焼却施設や松代の文化施設、長野県立大学などを視察する予定です。

友好視察団団長孟副市長と握手をする加藤市長

  • 加藤市長と孟石家庄市副市長

ご長寿犬を表彰

 敬老の日の9月17日(月曜)、旧フルネットセンターで高齢犬表彰式を行い、26匹の高齢犬とその飼い主を表彰しました。

 9月20日(木曜)から26日(水曜)までは、動物愛護週間です。この機会に、動物の愛護と適正な飼養について考えてみませんか。

高齢犬と飼い主の集合写真

松代藩の戊辰(ぼしん)戦争を振り返る

 真田宝物館では、9月24日(月曜)まで、特別展「松代藩の戊辰戦争」を開催しています。

 松代藩にとっての戊辰戦争を振り返るさまざまな資料を展示するなど、同館での大規模な戊辰戦争関連の展示は初めてです。ぜひお出掛けください。

真田宝物館(新しいウインドウが開きます)

展示品の写真

アムールトラの赤ちゃんを見に行こう!

 茶臼山動物園では、6月に誕生したアムールトラの赤ちゃんを観覧できるようになり、母親に甘えたり、仲良く遊んだりする愛らしい様子を見ることができます。

 併せて、9月30日(日曜)まで、3匹の赤ちゃんの名前を募集しています。詳しくは、同園ホームページをご覧ください。

茶臼山動物園(新しいウインドウが開きます)

アムールトラの赤ちゃん3匹の写真

悩み事、まずは誰かに相談してみませんか?

 9月10日(月曜)、長野駅善光寺口広場などで、自殺予防週間(9月10 日~16 日)の取り組みの一環で街頭啓発を行いました。

 長野市の職員などが、通勤・通学者に相談窓口の電話番号が書かれたポケットティッシュを配り、自殺予防を呼び掛けました。

啓発活動を行っている写真

認知症を正しく理解しましょう

 9月7日(金曜)、長野駅善光寺口駅前広場などで、認知症啓発月間の取り組みの一環で街頭啓発を行いました。

 市民ボランティアや「認知症の人と家族の会」などの皆さんが、通勤・通学者に認知症を正しく理解してもらうことを呼び掛けました。

認知症 知って 支えて

街頭啓発で、ティッシュなどを配っている写真

桜スクエアの芝生広場を開放

 9月6日(木曜)から、市役所第一庁舎西側の「桜スクエア」の芝生広場が利用できるようになりました。 

 芝生広場の開放後には、早速、秋葉保育園の園児たちと加藤市長が鬼ごっこをして、青々とした芝生の感触を楽しみました。

加藤市長と鬼ごっこをする園児たちの写真

大道芸でまちがにぎやかに

 9月1日(土曜)、中央通り周辺で、第21回ながの大道芸フェスティバルが開催されました。

 マジックやアクロバット、コメディーマイムなど、さまざまなジャンルのパフォーマーが全国から集まり、多彩なストリートパフォーマンスを繰り広げ、訪れた皆さんを楽しませていました。

大道芸を披露する演者と拍手をする観客の写真

 

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る