ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > フォトニュース > 2014年1月のフォトニュース

2014年1月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2014年1月31日更新

「ビオラ展」始まりました

 2月3日(月曜)まで、篠ノ井中央公園で「ビオラ展」が開催されています。

 会場では、約200種類のビオラ・パンジーを展示。また、1月31日(金曜)と2月1日(土曜)の14時からは、ながの緑育協会の矢澤秀成さんによる特別講座も開催します。聴講を希望する人は、事前に同協会(電話番号026-261-1030)までお問い合わせください。

ながの緑育協会(外部リンク)

パンジー・ビオラの展示の様子

お母さんの再就職を支援します

 1月30日(木曜)、結婚・出産を期に退職した女性の再就職を支援する企画「ママたちのお仕事フェスタ」が、もんぜんぷら座で開催されました。

 この企画は今回が初めての試み。ハローワークの担当者や社会保険労務士などから、求人状況や各種制度の説明があったほか、忙しい母親のため「時短」をテーマにした、クッキングやメーク講座なども行われました。

時短クッキング講座の写真

国際社会で活躍するために

 1月29日(水曜)、中学生姉妹都市訪問団の結団式が市役所で行われました。

 派遣される12人の中学生は、2月22日(土曜)から3月2日(日曜)まで姉妹都市のクリアウォーター市に滞在し、ホストファミリーとの交流や施設の見学などをする予定です。

訪問団の皆さんと市長の集合写真

加藤市長母校で意見交換

 1月29日(水曜)、長野市長が市民の皆さんと直接意見交換を行う「みどりの移動市長室」の一環として、加藤市長が自らの母校でもある柳町中学校を訪問しました。

 みどり移動市長室は、加藤市長が就任してから初めての開催。生徒の皆さんは「自分が市長になったら」をテーマに、長野市の高齢化対策や子育て支援などの政策について、加藤市長と意見を交換しました。

柳町中学校で意見交換をする加藤市長の写真

ソチ五輪 メダルを目指して

 1月29日(水曜)、ソチオリンピックのボブスレー・リュージュ競技の日本選手団が、加藤市長を表敬訪問しました。

 長野市からは、スケルトン種目に2人の選手が出場。4年前からソチ五輪が照準だったという高橋弘篤選手は、「最後までメダルを目指して頑張りたい」。シーズン序盤から徐々に調子が上がっているという笹原友希選手は、「オリンピックがどんな舞台か楽しみ」と語りました。

ボブスレー・リュージュ競技の日本選手団の写真

全国大会での活躍に期待!

 1月28日(火曜)、長野市から「全国高等学校スキー大会」および「全国中学校スキー大会」に出場する7人の選手が、加藤市長を表敬訪問しました。

 選手たちは「強い気持ちでベストを尽くしたい」などと、大会に向けた意気込みを語っていました。

出場選手たちの写真

 

全中スケート大会出場選手が市長を表敬訪問

 1月27日(月曜)、「第34回全国中学校スケート大会」に出場する長野市の選手17人が、加藤市長を表敬訪問しました。

 選手の皆さんは「地元のプライドを持って大会に臨み、表彰台に上がれるように頑張りたい」などと意気込みを語りました。大会は、2月1日(土曜)~4日(火曜)に、エムウェーブとビッグハットで開催されます。

 全国中学校スケート大会(外部リンク)

全国中学校スケート大会に出場する選手の写真

文化財を火災から守れ

 1月24日(金曜)、26日の「文化財防火デー」に先立って、松代城太鼓門で消防訓練が行われました。

 松代城での消防訓練は、今回が初めて。訓練には消防職員や消防団のほか、地域の自主防災組織の皆さんなど約40人が参加して、避難者の誘導や放水などを行いました。

 太鼓門での放水訓練の写真

いざソチへ!2選手が長野市役所を訪問

 1月23日(木曜)、ソチオリンピックのスピードスケート競技に出場する小平奈緒選手と山中大地選手が加藤市長を表敬訪問しました。

 トレーニングの拠点とするエムウェーブで、さっそく新しい日本代表のユニフォームを試したという小平選手は「思い切って自分の滑りに集中したい」。山中選手は「自分が悔いの残らないレースにしたい」と、それぞれ五輪に懸ける思いを語りました。 

長野市役所を訪問した2選手の写真

競技コースで滑走体験

 1月19日(日曜)、「第40回NAGANOスポーツフェスティバルinスパイラル」が開催され、リュージュとスケルトンの体験会が行われました。

 体験会に参加した皆さんは、オリンピックで使用されたコースでスピード感あふれる滑走を楽しんでいました。

 体験滑走会の写真

貴重な化石を展示

 信州新町化石博物館では、4月6日(日曜)まで、企画展「長野県の化石~田中邦雄コレクション」を開催しています。

 長年にわたって長野県の地質・化石の研究を行い、地質学教育の中心として活躍した田中邦雄さんが、40年間の研究で収集した貴重な化石の数々を展示しています。

「田中コレクション」展示の様子 

日頃の感謝を込めて

 1月12日(日曜)、昨年12月に入場者150万人を達成したエムウェーブで記念式典が行われました。

 スケートリンクの無料開放日の当日、エムウェーブには数多くの親子連れなどが来場。正午から行われた式典の後には、記念の紅白まんじゅうが配られました。

紅白まんじゅうを受け取る来場者の写真

市内各地区で成人式が開催

 1月12日(日曜)、篠ノ井市民会館をはじめ、市内の各地区で成人式が行われました。

 今年は3,689人が成人の仲間入りをし、篠ノ井地区の成人式には199人が参加しました。スーツや振り袖に身を包んだ新成人の皆さんは、久しぶりに会う旧友との再会を懐かしみ、近況を報告しあったり記念写真を撮ったりしていました。

旧友との再会を喜ぶ様子

安心・安全なまちを目指して

 1月11日(土曜)、ホクト文化ホールで長野市消防出初式が行われました。

 参加した市の消防職員や地域の消防団員などおよそ1,600人は、会場周辺をパレードした後に式典を行って、火災の予防を呼び掛けました。

 会場まで行進する参加者の写真

長野市風景画展が始まります

 1月11日(土曜)から19日(日曜)まで、「第23回長野市風景画展」が県信濃美術館で開催されます。

 雄大な自然や、何げない街角の様子など、さまざまな視点から長野市を切り取った力作229点を展示します。ぜひご覧ください。

展示絵画を準備するスタッフの写真

市役所で仕事始め式

 1月6日(月曜)、長野市役所で仕事始め式が行われました。

 加藤市長は、あいさつで「天馬駆けるように良い年にしたい」「結果を出す市役所にしたい」と、新年の抱負を語りました。

 新年の抱負を語る加藤市長の写真

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 皆さまにおかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。この一年のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

長野市の日の出の写真

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る