ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

市の仕事と市議会の役割

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2014年12月15日更新

長野市議会


市の仕事と議会の役割

市の仕事と議会の役割

議会は、住民の選挙を通じて選出された議員によって構成され、多数決原理によりその団体としての意思を決定します。この団体意思の決定は、間接的とはいえ住民の意思に基づくものといえます。

本来なら市民の皆さんが話し合い、市政を運営していくことが住民自治の建前です。しかし、長野市民全員が一か所に集まって相談し、結論を出すのは不可能なことです。

そこで、市民が選挙によって選んだ代表者に、代わりに話し合ってもらうわけです。これが議会政治であり、民主政治の基本であります。

市民は日常生活の中で多くの要望を持っていますが、市長はこれら市民の要望を政策として具体的に予算化したり、条例を制定・改廃するため議案を提出します。

議会は、提案説明を聞いた上できめ細かく審議し、どう処理すべきかを決定します。

市長は、議会の決定に基づいて事業を進めることになります。

このような働きから、市議会は議決機関、市長は執行機関と呼ばれ、両者の権限、役割は明確に区分され、互いにけん制しながら均衡を保ちつつ、共に市政の発展のために活動しています。

議会の主な権限

  地方自治法に議会の権限が定められています。主な権限は、次のとおりです。  

 (1)議決権(地方自治法第96条)   
    次のような案件を審査し、その賛成、反対を決定します。市長は賛成の決定がないとそれを実行できません。
   ア 条例の制定・改廃(地方自治法第96条第1項第1号)
   イ 予算の決定、決算の認定(同項第2号・第3号)
   ウ 大規模な工事や高額な物品の購入等の重要な契約の締結(同項第5号)

 (2)選挙権(地方自治法第97条第1項) 
    議長・副議長(地方自治法第103条第1項)、選挙管理委員会委員(地方自治法第182条第1項)等を選挙で選びます。

 (3)同意権 
    市長から提案された副市長(地方自治法第162条)・監査委員(地方自治法第196条)、教育委員会委員(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条)等の選任や任命について、それに同意するかどうかを決定します。

 (4)請願の審査・調査(地方自治法第124条・第125条) 
    市民から提出された請願を審査・調査し、市政に反映させるよう努めます。

 (5)意見書提出権(地方自治法第99条) 
         議会の意思を意見書にまとめ、国・県などに提出します。 

 (6)検査権・調査権(地方自治法第98条・第100条) 
    議会で決めたとおりに市が仕事をしているか、検査・調査します。



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
調査・議事担当
Tel:026-224-5057
Fax:026-224-5105
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る