ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

議員定数・議員データ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年6月1日更新

議員定数

 昭和41年10月16日、長野市、篠ノ井市、松代町、若穂町、川中島町、更北村、七二会村及び信更村の2市3町3村が合併し、新長野市が発足しました。新長野市の議会は、市町村の合併の特例に関する法律(以下「合併特例法」という。)第4条第1項の規定を適用し、翌年9月30日までの間旧市町村議会の議員(長野市39人、篠ノ井市28人、松代町20人、若穂町26人、川中島町22人、更北村26人、七二会村16人、信更村18人)が在任し、195人の議員で構成されました。新市発足後最初の昭和42年9月の一般選挙は、旧市町村の区域を選挙区とする8選挙区制で実施され、法定数44人の議員が10月1日から就任しました。昭和46年9月の一般選挙からは、全市で一つの選挙区によって行われました。

 昭和50年10月の国勢調査により人口が30万を超え法定数48人となりましたが、長野市議会の議員の定数を減少する条例の制定及び改正により、2度にわたり定数を減少しました。 また、地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律による地方自治法の一部改正を受け、平成14年12月市議会定例会において、議員定数を42人とする長野市議会の議員の定数を定める条例を制定しました。

 平成17年1月1日、豊野町、戸隠村、鬼無里村及び大岡村を編入しました。議員の定数及び任期については、合併特例法第6条第2項及び第3項の規定を適用し、現在の市議会議員の任期に限り旧町村ごとに1人ずつ議員を増員することとなりました。同年1月30日、旧町村の区域を選挙区とする4選挙区で増員選挙が行われました。

 平成17年9月市議会定例会で設置した議員定数等調査研究特別委員会の報告 [PDFファイル/75KB]に基づき、平成18年9月市議会定例会において、長野市議会の議員の定数を定める条例を改正しました。この条例により、新たな定数は、42人より3人減の39人とすることとなり、平成19年9月23日に実施された一般選挙から適用されました。

 平成22年1月1日、信州新町及び中条村を編入しました。議員の定数及び任期については、合併特例法第8条第2項及び第3項の規定を適用し、平成23年9月30日までの任期に限り旧町村ごとに1人ずつ議員を増員することとなりました。同年1月31日、旧町村の区域を選挙区とする2選挙区で増員選挙が行われました。

平成23年9月18日及び平成27年9月13日に執行された一般選挙は、定数39人で行われました。

 (平成29年6月1日現在)

条例定数

現員数

39人

36人(欠員3)

 ※平成23年8月1日議員定数の上限数の制限が廃止されました(平成23年法律第35号)。

議員データ

年齢別議員数(平成29年6月1日現在)

年齢

25~29歳

30~39歳

40~49歳

50~59歳

60~69歳

70歳以上

合 計

平均年齢

議員数

1人

2人

6人

8人

13人

6人

36人

58.47歳

当選回数別議員数(平成29年6月1日現在)

回数

1回

2回

3回

4回

5回

6回

7回

8回

9回

10回

11回

12回

13回

議員数

5人

9人

9人

2人

6人

2人

0人

2人

0人

0人

0人

0人

1人

36人

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
調査・議事担当
Tel:026-224-5057
Fax:026-224-5105
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る