ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

事業所のごみについて

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年1月6日更新

事業所のごみについて

事業活動に伴って生じるごみの処理には、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「長野市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」において、次のような「事業所の責務」が義務付けられています。

  • 自らの責任において適正に処理すること
  • 再生利用等を積極的に行い、減量化に努めること
  • 廃棄物の適正処理や減量について、国や地方公共団体の施策に協力すること

事業所のごみは自らが処理することになっており、家庭ごみの集積所に出すことはできません。ごみの減量やリサイクルに配慮した上で、適正に処理してください。

事業所のごみは、事業ごみ(事業系一般廃棄物)と産業廃棄物に分類されますが、産業廃棄物については、廃棄物対策課のホームページをご覧ください。(廃棄物対策課のホームページはこちら

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
市役所第二庁舎3階
啓発指導担当
Tel:026-224-7635
Fax:026-224-8909
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る