ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

医療機関の上手なかかり方・緊急受診の目安

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月1日更新

医療機関の上手なかかり方・緊急受診の目安

子どもが高熱を出したり、吐いたり、ひきつけを起こすと慌ててしまい冷静に対応するのは難しいものです。普段から子どもが急病になった時のことを想定し、どんな時に救急外来を受診すればよいかを考えておくことが大切です。

「かかりつけ医」を持ちましょう

「かかりつけ医」とは、家族の身近にいて子どものことについて相談を受けたり、予防接種をしたりする医師のことです。子どもが病気にかかった時は適切な治療を行い、必要であれば専門の病院を紹介します。

できるだけ診療時間内に受診しましょう

昼間子どもの調子がおかしいと思ったら、早めにかかりつけ医を受診しましょう。救急医療機関の医師は、すぐ入院して治療する必要があるか、翌日まで様子を見ていいかなどを判断します。翌日まで様子を見てもよいと判断された場合は、応急処置を受け、改めてかかりつけ医を受診しましょう。

夜間受診するかどうか迷う場合は、長野県小児救急電話相談(#8000 または0263-34-8000午後7 時~午後11 時)を利用することもできます。

診察を受ける時に持参するものをチェックしましょう

  • 保険証
  • 診察券
  • 受給者証
  • 母子健康手帳
  • お薬手帳
  • 検査データ(あれば)
  • 着替え
  • タオル
  • 紙おむつ
  • ビニール袋
  • 子どもの状態がわかるもの(体温、症状等のメモ)

緊急受診の目安

次のような状態は重症です。休日・夜間でもすぐに医療機関を受診してください。

状況により救急車を呼んでください。「救急車の呼び方」参照)

□ ぐったりして動かない

□ 呼びかけに反応せず意識がない

□ けいれんが続いている

□ 息苦しそうにしている

□ 大きなやけどを負った

□ 大きなケガをした

□ 普段と様子が違い大変不安に思える

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
医療連携担当
Tel:026-224-8499
Fax:026-224-8483
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る