ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

咳き込んだり、ゼーゼーしたら

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月1日更新

咳き込んだり、ゼーゼーしたら

咳は、口から肺への空気の通り道(気道)にゴミが入ったり、痰たんがからんだりした時にゴミや痰たんを出して気道をきれいにする体の反応です。様々な原因で咳が起こりますが、鼻水と咳がでるときは、ウイルスによるかぜによることが多く、通常は数日で自然に改善します。一方、ゼーゼーする呼吸は「喘鳴(ぜんめい)」と言われるものですが、何らかの原因で気道が細くなって空気が通りにくくなった状態で、一般的には治療が必要です。

急いで受診の目安

□ 呼吸が苦しそうにみえる

□ ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸の音が聞こえる

□ 顔色が悪く、口の周りが青白くなっている

□ 激しく咳き込む

解説

●呼吸が苦しくなるといろいろな症状が現れます。

  1. 呼吸数が速くなる目安は以下のとおりです。
呼吸数の目安
年齢呼吸数(数/分)
2か月未満60 回以上
2か月から12 か月まで50 回以上
1歳から5歳まで40 回以上
6歳以上30 回以上

 2. たくさん空気が吸い込めるよう鼻の穴をピクピクと広げて呼吸している

  3. 息を吸う時に胸がペコペコへこんでいる

 4. 肩を上下させて一生懸命呼吸している

 5. 苦しくて寝ていられず、体を起こして呼吸している

●子どもが気管支喘息と診断されている場合は、発作時の対処方法をかかりつけ医に聞いておきましょう。改善しない場合は、夜間でも受診した方がよいでしょう。

●急に激しく咳き込んだ時は、気管内に異物(ピーナッツやおもちゃのかけらなど)を吸い込んだ可能性もありますので注意が必要です。

●息づかい、顔色、発汗の様子を観察しましょう。

●体を起こして寄りかかるなど楽な姿勢にしましょう。

●脱水になると痰たんの粘り気が強くなり、呼吸が苦しくなります。こまめに水分を補給しましょう。

●部屋の湿度を保ちましょう。

 

※この内容は、あくまでも目安であり、一般的な内容です。全体版(PDF)では図やカットが掲載されています。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
医療連携担当
Tel:026-224-8499
Fax:026-224-8483
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る