ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

発疹が出たら

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月1日更新

発疹が出たら

子どもにみられる皮膚の異常には、いろいろなものがあります。多くは重症のものではありませんが、時に緊急の治療が必要なこともあります。呼吸の様子がおかしい、高熱がある、意識がおかしいなどの皮膚以外の症状がある場合は要注意です。

急いで受診の目安

□ 少し盛り上がった赤い発疹が全身に出てかゆみが強い

□ 呼吸が苦しそう ゼーゼーする呼吸音が聞こえる

□ 圧迫しても消えない赤い斑点(出血斑や紫斑)がたくさん出ている

解説

  • アレルギー反応に伴う発疹として、食物や虫刺されなどによるじんま疹があります。多くの場合はあわてることはありませんが、アナフィラキシー(ひどいアレルギー反応)は、すぐに治療することが必要です。食物アレルギーのある子どもで、原因となる食物を食べた後、全身の発疹と呼吸困難が急に出現した場合は重症です。すぐに救急車を呼んでください。
  • 出血斑(紫斑)は血管から血液が漏れ出た状態で圧迫しても赤みが消えず、出血しやすい病気の可能性があります。
  • 色々な感染症(水痘、風疹、溶連菌感染症、手足口病、突発性発疹等)で発疹が出ます。大部分は、急を要する病気ではありません。翌日、かかりつけ医を受診し病気の経過について説明を受けましょう。スマートフォンなどで写真を撮っておくとよいでしょう。
  • アナフィラキシーが疑われるときは、静かに寝かせて足をあげ、救急車を待ちましょう。

 

※この内容は、あくまでも目安であり、一般的な内容です。全体版(PDF)では図やカットが掲載されています。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
医療連携担当
Tel:026-224-8499
Fax:026-224-8483
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る