ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 子ども > 保育園・幼稚園・認定こども園・地域型保育事業 > 子ども・子育て新制度 > 幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 子ども > 子育て > 子ども・子育て新制度 > 幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について

事業計画策定等

免許・資格

幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2013年12月20日更新

 平成27年度施行予定の「子ども・子育て支援新制度」において、新たな「幼保連携型認定こども園」が創設され、配置される職員には「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」両方の免許・資格を有する「保育教諭」が求められています。
 この新たな認定こども園制度への円滑な移行・促進のため、幼稚園教諭免許状を有し幼稚園等において一定の実務経験を有する者〔特例対象者〕を対象として保育士資格の取得に必要な特例制度が平成31年度末(予定)まで設けられました。
 特例対象者となる要件は、幼稚園教諭免許を有し、次の特例対象施設において「3年以上かつ実労働時間4,320時間以上」の実務経験を有する者です。この実務経験は複数施設における合算でも可能です。

 詳細につきましては、次のリンク先をご覧ください。

特例対象施設(長野県ホームページ)

 『幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について』(外部サイト)

特例制度概要(厚生労働省ホームページ)

 『幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例』(外部サイト)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-8031
Fax:026-264-5355
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る