ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 子ども > 放課後子ども総合プラン > ながの子育て情報 > 放課後子ども総合プランの利用者負担導入について

放課後子ども総合プランの利用者負担導入について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年6月21日更新

放課後子ども総合プランの利用者負担導入について

平成30年4月から、利用料のご負担をお願いします。

放課後子ども総合プランは平成20年度にスタートし、これまで実施施設を増やしながら、児童の受け入れを拡大してきました。平成28年4月には市内全54小学校区での実施を実現しましたが、一方で事業費も増加しています。

市では、放課後子ども総合プランを利用する人としない人の公平性の確保と、子どもたちの過ごす環境の充実を図るため、プランを利用する人に利用料の負担をお願いすることとしました。

利用料は月額2,000円です。

  • 利用料は、児童1人当たり月額2,000円(平成30年4月分から導入)
  • 延長利用料は、1時間延長する施設については児童1人当たり月額700円、30分延長する施設は児童1人当たり月額350円で、これまでと同じです。

利用料の減免について

利用料には減免制度があります。

減免を希望する場合は、利用申し込みの際に「減免申請書」を必ず提出してください。

複数の減免理由に該当する世帯は、減免割合を重複して適用する場合があります。ただし、経済的事情の各理由を重複して適用することはできません。

減免の理由と割合

経済的事情

 生活保護を受給している世帯の児童 全額減免

 児童扶養手当の支給を受けている世帯の児童 2分の1減免

 市町村民税が非課税である世帯の児童 2分の1減免

 就学援助を受けている世帯の児童 2分の1減免

地域性

 スクールバス、スクールタクシー、路線バスを利用して帰宅する児童 5分の2減免

多子世帯

 同一の世帯に利用児童が複数いる場合の2人目の児童 2分の1減免

 同一の世帯に利用児童が複数いる場合の3人目以降の児童 全額減免

放課後子ども総合プランとは

放課後子ども総合プランは、児童館・児童センターや小学校内施設(子どもプラザ)などに子どもたちの安全で安心な居場所を確保し、遊びや交流、各種体験活動を通して、子どもたちの自主性、社会性及び創造性の向上を図る事業です。子どもたちの健やかな育ち、子育てと仕事の両立を支援します。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎2階
直通
Tel:026-224-6796
Fax:026-224-7648
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る