ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

保育園の食事

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年10月12日更新

保育園の食事

 子どもたちの心身ともに健全な成長を願い、楽しく食べる子どもに育つよう、各保育園で給食を作って提供しています。
 献立には行事食や郷土食も取り入れ、子どもたちが給食を通じ、友達と楽しく食事をし、いろいろな味や料理を体験することで、好き嫌いなく食べる食習慣を身につけられるように調理しています。

  また、食事の当番活動や野菜栽培等を通じ、体と食べ物に関心を持ち、健全な心と体が育つよう保育の中での食育の推進に努めています。

  乳児

  • ミルクや離乳食を園で用意します。
  • ご家庭(保護者)と連携を取りながら離乳食を進めていきます。
  • 「離乳食提供」 [PDFファイル/743KB](離乳食の作り方・薄味の考え方について、写真入りで解説)

1歳から2歳

  • 午前のおやつ・昼食(ごはん・おかず・汁)・午後のおやつを園で用意します。
  • 1歳6か月頃までは、手づかみ食べを十分に行い、スプーンや箸に移行していきます。
  • 上手にかみつぶすことができるよう、一口量を覚えながら食べるようにしています。

3歳以上児

昼食(ごはんは、家庭より持参)・午後のおやつを園で用意します。 保育の中に食育活動を積極的に取り入れ、食事のマナーや望ましい食習慣など、食を営む力を育てます。

保育園の給食では

  • ごはんを中心とした食事を基本としています。
  • 旬の食材や地元の食材をできるだけ使用しています。(地産地消)
  • 味付けは薄味に、子どもの嗜好を考慮しながら、いろいろな食体験ができるよう工夫しています。
  • 味噌汁は、煮干からだしを取っています。
  • 初めて食べる食材や献立があることから、サイクルメニューを実施しています。(1ヶ月の献立の中に同じ料理が2回あります)

主食について

3歳未満児の主食の米は、保育園で用意しています。3歳以上児は、家から主食(ご飯またはパン)をお持ちいただきます。一部の私立保育園では、主食代を保護者にご負担いただいて保育園で用意しています。

アレルギー対応

アレルギー疾患のある場合は、医師の指示書により、アレルギー対応の食事を提供しています。また、ネームプレートやお盆を使用し、間違いがないよう細心の注意を払っています。

 給食の例

保育園における食育活動

毎月19日の「食育の日」

「食育の日」には、食に関する取り組みを行っています。

食育だより

食育に関する情報や、保育園の給食のレシピ紹介をしています。

   10月の食育だより [PDFファイル/369KB]

   9月の食育だより [PDFファイル/387KB]

公立保育園の献立表(予定)はこちらから。

   10月の献立表 [PDFファイル/378KB]

   9月の献立表 [PDFファイル/275KB]

    ※なお、都合により変更、献立の入替をすることがありますのでご了承ください。

食育だより<番外編>

最近の保育園での食育活動の様子や給食のレシピをまとめましたので、ご覧ください。

   9月 ぶどうが旬の季節です [PDFファイル/477KB]

   8月 夏野菜を食べて元気いっぱい! [PDFファイル/607KB]

   7月 とうもろこしの皮むき [PDFファイル/503KB]

   6月 食育月間の取り組み [PDFファイル/454KB]

   6月 よくかんで食べよう! [PDFファイル/425KB]

   5月 よもぎ団子作り [PDFファイル/386KB]

   4月 たけのこの皮むきに挑戦! [PDFファイル/340KB]   

給食レシピ

以下の項目に分けて、順次更新していきます。

 

主菜

副菜

おやつ

保育園給食レシピ集

以下のリンク先で写真付きのレシピを紹介していますので、ご活用ください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-8031
Fax:026-264-5355
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る