ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

未熟児養育医療の給付について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年12月13日更新

未熟児養育医療

制度の概要

 出生時の体重が2,000グラム以下またはその他の理由により、指定養育医療機関の医師が入院を必要と認めた場合、その医療費の一部を公費で負担する制度です。

 

未熟児養育医療の給付申請について

未熟児養育医療の給付に関する申請書・意見書等は以下のとおりです。

未熟児養育医療給付リーフレット [PDFファイル/368KB]

お持ちいただくもの

 マイナンバー制度の導入にともない、一部の提出書類を省略できるようになりました。所得税が課税されている世帯の方は、源泉徴収票又は確定申告書の控えの提出をお願いします。

手数料

無料
※医療機関で養育医療意見書に証明を受ける際に文書料がかかる場合があります。

届出窓口

長野市保健所健康課

記入例

ご注意いただくこと

  • 申請によって交付される養育医療券には有効期限が記載されています。継続して医療給付を受けることを希望する方は、期限が切れる前に継続の申請を行ってください。
  • 養育医療の給付を受けられる医療機関は、所在地の都道府県等が指定する医療機関のみになります。なお、長野市内の指定医療機関は長野赤十字病院、JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院、JA長野厚生連長野松代総合病院、JA長野厚生連南長野医療センター新町病院です。
  • ご加入されている健康保険に「付加給付」制度がある場合、保護者の負担額である「一部負担額」から乳幼児福祉医療費給付額を差し引いた額を、後日保健所から請求する場合があります。
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
母子保健担当
Tel:026-226-9963
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る