ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

学校給食

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年9月13日更新

学校給食

学校給食の目標(学校給食法第2条)は以下のとおりです。

  • 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
  • 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
  • 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
  • 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に貢献する態度を養うこと。
  • 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
  • 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
  • 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

教育としての学校給食について

  • 児童・生徒の心身にわたる健全な発達と、食事マナー、より良い食習慣の習得等を目的に、教育の一環として学校給食を実施する。
  • 献立作成や食材の発注などを工夫しながら、地産地消の拡大・推進を図るとともに、学校訪問等における食育の充実を図る。

施設の概要

各学校給食センター、学校給食共同調理場の概要へリンクします

食育推進・地産地消の主な取組みについて

市内産米の使用

 年間を通して米飯について100%北信産米を提供しています。

地域食材の日

 給食で提供するすべての食材を県内産、市内産で賄う「地域食材の日」を設け、3給食センター及び5共同調理場すべてにおいて、年2回以上実施し児童・生徒が地域で生産される食材への関心を高めたり、地域文化への理解を深めるための取組みを行っています。

食育指導

 給食センター等の栄養士が、各学校の要望により、実験・実習等を取り入れながら具体的でわかりやすい方法で、児童・生徒にとって食の大切さがより身近に感じることができるよう工夫しながら指導しています。

給食の内容

第二、第三、第四学校給食センター

  1. 主食(米飯:週3日、パン:週2日、ソフト麺:6月から9月を除いてパンの代わりに隔週1日)
  2. 牛乳
  3. おかず(煮物、焼物、揚げ物、汁物、果物など)

戸隠、鬼無里、大岡学校給食共同調理場

  1. 主食(米飯:週3日、パン:週2日)
  2. 牛乳
  3. おかず(煮物、焼物、揚げ物、汁物、果物など)

信州新町、中条学校給食共同調理場

  1. 主食(米飯:週3日、パン:週2日、ソフト麺:6月から9月を除いてパンの代わりに月1回)
  2. 牛乳
  3. おかず(煮物、焼物、揚げ物、汁物、果物など)

献立の作成

 各給食施設の栄養士が原案を作成し、毎月開催する運営委員会に諮り決定しています。(2ヶ月前に原案を作成し、1ヶ月前の運営委員会に諮る)

学校給食費(1食あたり)

 平成26年度に給食費を改定いたしました。

 以下、平成29年度の給食費です。

区分

第二、第三、第四

学校給食センター

戸隠、鬼無里、大岡、中条

学校給食共同調理場

信州新町

学校給食共同調理場

小学校

低学年

(1年から3年)

260円

263円

 275円

高学年

(4年から6年)

281円

278円

 290円

中学校

323円

309円

 321円

お預かりする給食費は、食材の購入費のみ充てられます。

平成26年度学校給食費の改定について [PDFファイル/80KB]

食材の購入

給食施設ごと毎月2回の入札(見積)を経て、市の指名競争入札参加者名簿に登録されている事業者より、食材を購入しています。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
保健給食課
Tel:026-224-8913
Fax:026-224-5086
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る