ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

埋蔵文化財に関する手続き

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年7月10日更新

市内で土木工事等をご検討の皆さんへ

長野市内で土木工事等をご検討されている場合は、まず事業計画地が周知の埋蔵文化財包蔵地の範囲に含まれているかどうかを確認してください。
周知の埋蔵文化財包蔵地で土木工事等を行う場合は、文化財保護法により工事着工60日前までの届出等が必要になります。当センターから着工前に必要となる手続きをお知らせしますので、前もってご相談ください。宅地開発など大規模な事業をご計画される際には、埋蔵文化財の取り扱いについてお早めにお問い合わせください。

埋文の保護と手続きについて(チラシ) [PDFファイル/120KB]

周知の埋蔵文化財包蔵地とは

埋蔵文化財が埋まっている土地として知られている場所のことを、『周知の埋蔵文化財包蔵地』と呼んでいます。埋蔵文化財とは文化財保護法で『土地に埋蔵されている文化財』と定義されており、大きく分けて昔の建物や墓の跡などの「遺構(いこう)」と昔の土器、石器などの「遺物(いぶつ)」があります。

長野市内では1000箇所以上の埋蔵文化財包蔵地が存在しており、それぞれ地域の歴史や成り立ちを物語る貴重な遺産です。埋蔵文化財はそのまま地中で保存されることが望ましく、土木工事等で一度破壊されると、元に戻すことができません。やむを得ず埋蔵文化財を破壊してしまう場合には、着工前に発掘調査を実施し、記録として保存が図られます。
埋蔵文化財の保存と未来への継承にご協力をお願いいたします。

檀田遺跡の写真松原遺跡の写真南宮遺跡の写真長野女子高校校庭遺跡の写真

埋蔵文化財包蔵地の確認方法について

1.長野市のホームページにある「長野市行政地図情報」の「遺跡地図」から確認

長野市内の埋蔵文化財包蔵地の範囲や内容を「長野市行政地図情報」の「遺跡地図」から確認することができます。


こちらのバナーをクリックしていただくと「長野市行政地図情報」のトップページが開きます。 
長野市行政地図情報へのリンク (クリックすると別ウィンドウが開きます)

※遺跡の範囲や内容は、試掘や発掘調査の結果等から更新されることがあります。
※遺跡の境界付近や範囲未確定箇所の取り扱いについては当センターへお問い合わせください。
(長野市埋蔵文化財センター Tel:026-284-0004)

 

2.埋蔵文化財センターへ照会

【窓口の場合】

下記の資料をご用意していただき、長野市埋蔵文化財センターへお越しください。 

  • 土木工事を予定している場所の地番
  • 位置図
  • 事業計画図

 

〒381-2212
長野市小島田町1414番地(長野市立博物館内)

長野市埋蔵文化財センターの位置図 [PDFファイル/475KB]

  • 当センターは市立博物館2階にございます。お越しの際は、博物館受付にお申し出ください。
  • 博物館休館日(月曜日・祝休日の翌日ほか)の場合は、博物館入口が施錠されていますので、お電話いただければ開錠いたします。

電話番号:026-284-0004

 

車をご利用の場合

  • 博物館西側の博物館駐車場をご利用ください。

長野駅からのバスをご利用の場合

  • 長野駅善光寺口バスのりば3番から【30】古戦場経由松代行に乗車、「川中島古戦場」にて下車、徒歩3分となります

【ファックスの場合】

下記の資料を長野市埋蔵文化財センター宛てに送信してください。
 

  • 土木工事を予定している場所の地番
  • 位置図
  • 事業計画図
  • 連絡先(会社名、担当者名、電話番号)

 

(長野市埋蔵文化財センター Fax:026-284-0106) 


 

埋蔵文化財の保護に関する一連の流れ

埋蔵文化財の保護に関する基本的な流れは以下を参照してください。

土木工事等の計画

  事業予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地の範囲内かどうかの確認

  1. 長野市行政地図情報「遺跡地図」から確認する       
  2. 長野市埋蔵文化財センターへ照会

 

範囲内の場合

  • 埋蔵文化財保護のための協議をお願いします。

 

範囲外の場合

  • 範囲外であっても、工事面積が1,000平方メートルである場合や周知の埋蔵文化財包蔵地に隣接するなどの場合は埋蔵文化財保護のための協議をお願いします。
  • 上記に当たらない場合でも、工事中に埋蔵文化財を発見した場合は現状を変更することなく速やかに埋蔵文化財保護のための協議をお願いします。

 

 

【民間開発事業の場合】

文化財保護法第93条の規定に基き工事着手の60日前までに書きの様式で「土木工事等のための埋蔵文化財発掘の届出書」を提出してください。

  • 様式のダウンロードはこちらからお願いします。

届出書【文化財保護法第93条様式】 [PDFファイル/77KB][Wordファイル/50KB]

届出書の記入例と注意事項 [PDFファイル/661KB](届出を提出される方は必ずお読みください)

【公共事業の場合】

文化財保護法第94条の規定に基き事業計画の策定に当たって、あらかじめ下記の様式で「土木工事等のための埋蔵文化財発掘の通知書」を提出してください。

  • 様式のダウンロードはこちらからお願いします。  

通知書【文化財保護法第94条様式】 [PDFファイル/76KB][Wordファイル/50KB]

通知書の記入例と注意事項 [PDFファイル/638KB](通知を提出される方は必ずお読みください)
 

【届出後の対応】

土木工事等が埋蔵文化財に及ぼす影響に応じて、保護措置を届出者へ通知する。

保護措置について

【発掘調査】 記録保存のための発掘調査を実施します。発掘調査に関しては以下の書類の提出をお願いします。

  • 様式のダウンロード

発掘調査依頼書 [PDFファイル/47KB][Wordファイル/35KB]

土地所有者の承諾書 [PDFファイル/37KB][Wordファイル/32KB]

 

 

【試掘調査】 遺跡の有無や深さなどを事前に調査します。試掘調査に関しては以下の書類をお願いします。

  • 様式のダウンロード 

試掘調査依頼書 [PDFファイル/49KB][Wordファイル/35KB]

土地所有者の承諾書 [PDFファイル/37KB][Wordファイル/32KB]

 

【工事立会】 当センター職員が掘削時に立会います。工事立会に関しては以下の書類の提出をお願いします。

  •  様式のダウンロード

工事立会依頼書 [PDFファイル/47KB][Wordファイル/35KB]

 

【慎重工事】 遺跡への影響が出ないように、慎重に工事を実施して下さい。 

 

権限移譲について

 平成25年4月1日より、長野県教育委員会からの権限移譲によって、市内における文化財保護法第93条及び94条の規定に関する事務を長野市教育委員会が担当することとなりました。

 【要綱】 

事務処理に関する必要事項を定めた要綱を制定しました。         

  • 要綱のダウンロード

 文化財保護法の規定に基づく土木工事等のための発掘の届出等に関する要綱 [PDFファイル/111KB]
         

 【権限移譲に伴う変更点】

 権限移譲に伴う手続き上の主な変更点は次のとおりです。また、届出書の様式が変更されていますので御注意ください。
        

変更前は届出書の宛先が長野県教育委員会で届出書の提出部数が2部でしたが、変更後は届出書の宛先が長野市教育委員会で届出書の提出部数が→1部に変更になりました。


なお、届出に関する相談・受付の窓口は、従来どおり長野市埋蔵文化財センターのまま変更ありません。 

 

 

 

 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
埋蔵文化財センター 〒381-2212 長野市小島田町1414番地(長野市立博物館内)
Tel:026-284-0004
Fax:026-284-0106

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る