ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

贈与税の非課税

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2013年8月5日更新

贈与税の非課税

特定障害者を受益者として、信託会社等と「特定障害者扶養信託契約」を締結した場合、信託受益権の価額のうち、一定額までは、贈与税の課税価格に算入されません。

対象者

1  身体障害者手帳 1・2級所持者

   知的障害者重度 療育手帳A1・A2所持者

   精神障害者保健福祉手帳 1級所持者

     非課税限度額:6,000万円

2  中軽度の知的障害者とされた者

   精神障害者保健福祉手帳2・3級所持者

     非課税限度額:3,000万円

    適用開始日:平成25年4月1日以後に贈与により財産を取得した者に係る贈与税について適用(平成25年度税制改正の大綱)

窓口

信託銀行等



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎1階
企画管理担当
Tel:026-224-5030
Fax:026-224-5093
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る