ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

自動車税・自動車取得税・軽自動車税

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年9月7日更新

自動車税・自動車取得税・軽自動車税

地方事務所税務課    電話  234-9505

市役所財政部市民税課    電話  224-5017

次の場合、自動車税、自動車取得税、軽自動車税が一定額免除されます。

内容

 身体障害者等の減免

区分

所持者

運転者

条件

18歳以上の身体障害者

本人

本人

身体障害者本人が専ら運転するもの

本人

同一生計者

身体障害者のために専ら同一生計者が運転するもの

本人(身体障害者等のみで構成される世帯の者に限る。)

日常的介護者

身体障害者のために専ら日常的介護者が運転するもの 

18歳未満の身体障害者

同一生計者

同一生計者

身体障害者のために専ら同一生計者が運転するもの

知的障害者

本人 

同一生計者 

知的障害者のために専ら同一生計者が運転するもの

本人(身体障害者等のみで構成される世帯の者に限る。) 

日常的介護者

知的障害者のために専ら日常的介護者が運転するもの  

同一生計者

同一生計者

知的障害者のために専ら同一生計者が運転するもの

精神障害者

本人 

本人 

精神障害者本人が専ら運転するもの

本人 

同一生計者

精神障害者のために専ら同一生計者が運転するもの 

本人(身体障害者等のみで構成される世帯の者に限る。) 

日常的介護者

精神障害者のために専ら日常的介護者が運転するもの  

同一生計者

同一生計者

精神障害者のために専ら同一生計者が運転するもの 

 

<減免台数>

減免台数は、身体障害者等が所有する自動車のうち1台に限ります。

<減免申請の時期>
自動車税の場合

ア 4月1日(午前0時)現在で、自動車を既に所有しているも者・・・4月1日から納期限まで

イ 年度の途中で、身体障害者手帳等の新規交付または障害程度の変更による再交付を受けた場合・・手帳の交付年月日または、減免の要件に該当することとなった日から30日以内(ただし、4月1日(午前0時)現在で自動車を既に所有しているものに限る)

 自動車税・自動車取得税の場合

ウ:自動車を新規登録する場合・・・登録の際または登録した日から30日以内

軽自動車税の場合

エ:4月1日現在で、自動車を既に所有している者・・・納期限まで

<窓口>
  • 自動車税及び自動車取得税は、長野地方事務所税務課(電話番号026-234−9505)
  • 軽自動車は、市民税課(電話番号026-224−5017)または、篠ノ井・松代・若穂・川中島・更北・七二会・信更・豊野・戸隠・鬼無里・大岡・信州新町・中条の各支所
<注意事項>
  1. 上記は制度の概略ですので、詳しくは地方事務所税務課または県庁税務課までおたずねください。
  2. 軽自動車税の減免制度は、市役所財政部市民税課までおたずねください。
  3. 障害のある方ご本人が運転する場合、受付時に運転の確認をさせていただく場合があります。

2.自家用、営業用問わず、専ら身体障害者等の利用に供すると認められる、車いす移動車または入浴車を所有する場合は減免される場合があります。(普通自動車税・自動車取得税・軽自動車税)

対象者

自動車税、自動車取得税、軽自動車税の減免制度が利用できる方は、次のとおりです。

  

1級

2級

3級

4級

5級

6級

身体障害者

視覚

 

 

聴覚

 

 

 

 

平衡

 

 

 

 

 

音声

 

 

 

 

 

上肢

 

 

 

 

下肢

体幹

 

 

脳原生

上肢

 

 

 

 

移動

内部障害

 

 

 

免疫機能障害

 

 

 

知的障害者

療育手帳のA1またはA2の交付を受けている方

精神障害者

精神障害者保健福祉手帳の障害等級が1級の方 ※

  • 「○」は、同一生計者または日常的介護者が運転する場合も対象となります。
  • 「△」は、本人が運転する場合に限られます。(ただし、軽自動車税の場合、音声機能障害3級、脳原生移動機能障害4~6級について、同一生計者または、日常的介護者が運転する場合にも対象になります。)
  • 知的障害者については、同一生計者または日常的介護者が運転する場合に限られます。
  • 内部障害とは、心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこうまたは直腸若しくは小腸の機能障害のことをいいます。
  • 免疫機能障害とは、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害のことをいいます。
  • 音声機能障害は、咽頭摘出による場合に限ります。
  • 2以上の障害区分がある場合は、個々の障害区分の程度につき減免の対象となるか判断になりますので、最寄の地方事務所税務課、県庁税務課または市役所財政部市民税課までおたずねください。

  ※ 軽自動車税は、自立支援医療(精神通院)を利用している場合に限ります。

減免額

(1)自動車税

 45,000円(総排気量2リットル超2.5リットル以下の自家用乗用車の税率)まで減免されます。排気量が2.5リットル以下の自家用乗用車は、自動車税額が45,000円以下ですので、全額減免されます。

 注)グリーン化税制の適用を受ける自動車の場合、限度額が変更となります。

(2)自動車取得税

250万円×税率(税率3%の場合は75,000円※)を上限に減免されます。

※ハイブリット車、電気自動車など、税率が異なる場合があります。

(3)軽自動車税

全額減免されます。

必要書類等(写しではなく原本をお持ちください)

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のうちいずれか
  • 運転する方の運転免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑
  • 自立支援医療受給者証(精神障害者保健福祉手帳をお持ちで軽自動車税野減免を受ける方のみ)
  • 納税義務者のマイナンバーカード、通知カードまたはマイナンバーが記載された住民票

※運転される方が障害者以外の場合、上記に加え下記の証明書が必要です。

身体障害者と生計を一にする者が運転者の場合

  • 同一生計証明書(障害福祉課、福祉政策課篠ノ井分室、豊野・戸隠・鬼無里・大岡・信州新町・中条支所で発行)ただし、軽自動車税については同一生計証明書は不要

身体障害者等のみで生活する者を日常的に介護する者が運転者の場合

  • 身体障害者のみで構成される世帯の身体障害者及び日常介護者の証明書(障害福祉課、福祉政策部篠ノ井分室、豊野・戸隠・鬼無里・大岡・信州新町・中条支所で発行)

※代理人が申請する場合、上記に加え下記の書類が必要です。

  • 代理権を証明する書類(委任状等)
  • 代理人の身元を確認できる書類(運転免許証等)

※詳しくは、地方事務所税務課または県庁税務課までお問い合わせください。

 


     

     

    より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
    このページの情報は役に立ちましたか?
    この情報をすぐに見つけることができましたか?

    このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
    なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

    ※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

    このページに関するお問い合わせ先
    〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
    第二庁舎1階
    企画管理担当
    Tel:026-224-5030
    Fax:026-224-5093
    お問い合わせはこちらから
    前のページに戻る ページトップに戻る