ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

第二次長野市環境基本計画後期計画

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年2月16日更新

第二次長野市環境基本計画後期計画 

 

 

  長野市では、平成9年3月に長野市環境基本条例を制定し、平成12年3月に長野市環境基本計画を策定するとともに、平成24年4月に第二次長野市環境基本計画を策定し、環境保全に関する各種施策を展開してきました。

 

 

  第二次長野市環境基本計画策定後、生物多様性の保全や地球温暖化防止、エネルギー問題等に積極的に取り組み、同計画の施策は推進されているものの、その目標に未だ至っていないものも散見されます。                         

  このような状況を踏まえ、同計画を継続的に進めるとともに、長野市が目指す「環境像」や「基本目標」を継承しながら新たな施策の導入と指標・目標値の見直しを行い、総合的かつ長期的な施策の大綱と環境への配慮の指針として、第二次長野市環境基本計画後期計画を策定しました。

※前計画については末尾のリンク先をご覧ください。

計画の目的及び位置付け

  第二次長野市環境基本計画後期計画は、長野市環境基本条例に基づく環境行政の基本計画であり、第五次長野市総合計画後期基本計画と整合を図りつつ、環境施策を総合的かつ計画的に推進することにより、本市の望ましい環境像の実現を目指すものです。

  したがって、本市が環境に関わる側面を持つ各種個別計画を策定する際は、本計画との整合を図る必要があり、環境の保全と創造に関する又は環境に影響を及ぼすおそれのある施策・事業は、この計画に従って実施する必要があります。  

  本計画では、市民・事業者・行政の協働による、良好な環境の保全と創造を実現するための方策として、市民・事業者の取組の指針及び市の取組(施策)を示しています。

計画期間

 計画の期間は、平成29年度から平成33年度までの5年間とします。

対象とする環境の範囲

 本計画で対象とする環境の範囲は、次のとおりです。

  • 日々の生活の快適性に関わる大気、水質、土壌、騒音・振動、悪臭、廃棄物の状況、資源・エネルギーの有効利用などに関すること。
  • 緑や水辺、そこに生息する動植物を含めた自然環境の保全と生物の多様性の確保に関すること。
  • 都市景観、公園、交通及び施設に関すること並びに歴史的・伝統的資源を中心とした環境に関すること。
  • 地球温暖化の防止やオゾン層の保護など、地球環境に関すること。

長野市が目指す望ましい環境像

  望ましい環境像について、第二次長野市環境基本計画後期計画では第二次長野市環境基本計画の環境像を継承しています。 この環境像は、全ての施策分野に縦断的に関わるものとなっています。

豊かな自然と共生するまち

  豊かな自然や身近な緑、水辺などの自然環境の保全と創造を進め、次世代へ継承すべき多様で豊かな生態系を確保しつつ、適切な自然とのふれあいの場や機会が確保された「ながの」を目指します。

資源が循環する地球にやさしいまち

  資源やエネルギーを効率的、循環的に利用することにより、持続的発展が可能な社会を構築し、地球環境保全に貢献する環境共生都市「ながの」を目指します。

安心して暮らせる、清潔で快適な魅力あふれるまち

  安全で、うるおいとやすらぎのある都市空間が確保された、清潔で快適な魅力ある「ながの」を目指します。

すべての人が地球環境を思いやるまち

  豊かな環境の恵みを将来に引き継ぐために、市民・事業者・行政、そして子どもから大人まで、すべての人がすべての日常生活や事業活動の中で、地球環境を思いやる「ながの」を目指します。

地域産業の発展と環境の保全が良好な循環を生むまち

  環境保全を経済の成長要因の一つと捉え、地域産業の発展と地球温暖化対策などの環境保全活動が好循環を生み出す、活力ある「ながの」を目指します。

基本目標

  本計画では、基本目標について第二次長野市環境基本計画で設定された6つの基本目標の構造を継承しつつ、第五次長野市総合計画と整合を図り、一部文言を改めました。

基本目標1 循環型社会の実現

  3Rに加え、それぞれの状況に合った取組(+R)の推進やごみ処理体制を充実し、良好な資源循環を確保することにより、廃棄物の発生を抑制し、環境への負荷の少ない循環型社会を実現します。

基本目標2 良好な生活環境の保全

  産業型公害や生活型公害を防止し、清らかな空気や水、清潔なまちなみなどを実現することにより、良好な生活環境を保全します。

基本目標3 豊かな自然環境の保全

  生物多様性の確保や希少動植物の保護、外来生物への対応等を進めるとともに、森林や農地などを健全に保全し、豊かな自然環境を保全します。

基本目標4 豊かで快適な環境の創造

  歴史的・文化的環境の保全、良好な景観の形成、身近な緑や河川の整備などを通じて、水と緑と歴史をいかした、潤いとやすらぎを感じられる豊かで快適な環境を創造します。

基本目標5 低炭素社会の実現

  省エネルギーの推進や、地域の特性を活かした再生可能エネルギーの導入など、地域環境に配慮したエネルギーの適正利用を推進するとともに、エネルギー効率の高い都市基盤が整備された低炭素社会の実現を目指します。

基本目標6 市民・事業者・行政の連携強化と人づくりの推進

  市民・事業者・行政がそれぞれの責務と役割を果たすために、主体間の連携を強化するとともに、子どもから大人まで、「地球環境を思いやる人づくり」を推進します。

 

 

計画のダウンロード

 計画の詳細については下記からダウンロードしてご覧ください。

第二次長野市環境基本計画後期計画

概要版 [PDFファイル/1.05MB]

 


 <関連リンク>

 

 

 


 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
環境企画担当
Tel:026-224-5034
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る