ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

長野市バイオマスタウン構想

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年6月15日更新

長野市バイオマスタウン構想

 長野市では、温暖化対策や地域資源活用による地域活性化を目指し、「長野市バイオマスタウン構想」を平成22年3月に策定しました。

バイオマスタウン構想の基本方針

  1. 環境負荷の少ない事業の推進
  2. 地域特性に応じたバイオマス資源の有効活用
  3. 農林業を中心に新たな産業と雇用を創出し中山間地域の活性化を促進

バイオマスタウン構想の推進

長野市バイオマスタウン構想推進協議会

 平成23年3月18日、長野市バイオマスタウン構想推進協議会が設立されました。

 長野市バイオマスタウン構想推進協議会設立総会の写真   長野市バイオマスタウン構想推進協議会設立総会の写真

1 設立趣旨

 今日の社会情勢の変化に伴い、地球温暖化対策や新規産業の創出の面で再生可能エネルギーであるバイオマスへの関心が高まりつつあります。
 本市は、豊富な森林から得られる間伐材や林地残材等の未利用バイオマス資源と、キノコ廃培地や食品廃棄物等の廃棄物系バイオマス資源を併せ持つ、多様で大量のバイオマス資源を有しています。

 そこで、地域のバイオマス資源を総合的に利活用し、地域循環型社会を目指すため、平成22年3月に「長野市バイオマスタウン構想」を策定いたしました。
 現在、市内ではバイオマス資源の利活用に関する様々な取組が進められていますが、個別に実施している場合が多く、必ずしも有効な利活用が図られているとはいえません。

 このことから、バイオマス資源に関する情報の共有化や効率的な利活用推進体制を構築し、地球温暖化対策や地域資源の利活用とともに地域活性化を目指して、市民、事業者、関連団体、学術研究機関、行政が連携し「長野市バイオマスタウン構想推進協議会」を設立いたしました。

2 活動方針

 バイオマス利活用事業を推進するためには、その必要性を市民や事業者など多くの人々に理解していただくことが重要です。
 本協議会は、長野市バイオマスタウン構想に基づき、市民、事業者、関連団体、学術研究機関、行政が連携してバイオマスの利活用の普及啓発をします。
 また、バイオマス利活用事業の創出や具体化を目指している事業者・団体等の情報交換会・交流会等を開催することにより、既存産業の拡充や新規産業の創出を図ります。
 こうした活動を通じて、市民や事業者が地域内で生産される多様で大量のバイオマス資源を積極的に利活用できるよう推進していきます。

3 活動内容
  • バイオマス利活用に関する講演会
  • 先進地事例研究・視察等
  • バイオマス利活用の普及啓発
  • 利活用検討部会による調査検討
4 規約
5 総会開催状況

   (1) 平成22年度
   (2) 平成23年度
   (3) 平成24年度
   (4) 平成25年度
   (5) 平成26年度


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
地球温暖化対策室
Tel:026-224-7532
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る