ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

ラッキーキャロット物語

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

ラッキーキャロット物語

阿部栄養士「野菜の中でも、人参が苦手」という人がいるかもしれませんね。そこで、「すまし汁に」にハートや星の形の”ラッキーキャロット”を全校に1ケ入れてみました。探しながら食べて、人参を好きになってくれるといいなあと思って計画しました。

 

ラッキーキャロットの形の絵どうやってつくったの?

  人参をハートの形に型抜きしているところです。   ハート型の人参を小鍋で煮ているところです。   出来上がったラッキーキャロットです。   煮たハート型の人参を食缶に入れているところです。

 一枚ずつ型を抜き、小さな鍋で煮ておきました。各学校に1枚ずつ入るように工夫して入れます。「お知らせのプリント」と一緒に学校まで届けます。

おしらせ。今日の「すまし汁」に、全校に1つだけ「ラッキーキャロット」を入れました。当たった人は、下のお手紙を書いて食器かごに入れて返してください。

 ラッキーキャロットの形の絵お返事と記念品

「わぁ、あったかも?」「やったなぁ!」  「ラッキーキャロット見つけた!」  ラッキーキャロットが当たった子どもたちが、給食センターにお手紙を書いているところです。

 

ラッキーキャロットに当たった子どもたちからのお返事です。 「あしたのきゅうしょくには、”ラッキーキャロット”がはいっているよ!」と大きくポスターを作ってくれた学校もあり、当日はわくわくして待っていてくれたそうです。

  ”ラッキー”にめぐり合えた子どもはもちろん、入っていないはずのクラスの子どもたちからも、たくさんのお手紙が届きました。

 

 

 

給食センターからラッキーキャロットが当たった子どもたちへのプレゼントです。 

 「大きなセンターだから無理。」なのではなく、「姿が見えないからこそ、子どもたちに気持ちが届きますように」と始めた試み。

  「センター給食でもここまでやれる!」

 心と心が通じ合い、みんなが「あったかい気持ち」になれた1日でした。

             こんどは、だれに当たるかな?

 



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

前のページに戻る ページトップに戻る