ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

文化財、伝統環境保存事業

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年2月24日更新

長野市伝統環境保存事業

伝統環境保存事業について

 長野市は、昭和58年に歴史的かつ文化的な遺産としての伝統環境を保存し、後代に継承することを目的として、長野市伝統環境保存条例を制定しました。この中で長野市松代町の字表柴町、字馬場町、字代官町、字竹山町を伝統環境保存区域に指定し、保存計画を策定しました。 

 伝統環境保存区域とは、歴史上重要な意義を持つ建物、庭園、その他の工作物または竹木が周囲の自然環境と調和し、伝統と文化を形成している環境を「歴史的かつ文化的な遺産としての伝統環境」とし、この伝統環境を保存するため、長野市伝統環境保存審議会の意見を聴き、長野市が指定した区域です。

 この区域内で、次の行為をしようとするときは届出が必要であり、その届出に対して長野市は助言、指導または勧告をして、伝統環境保存のための協力をお願いしています。

  1. 建築物(主屋、土蔵、門、塀等)、庭園その他の工作物の新築、増改築、移転または除却と、修繕、模様替え、色彩の変更等で外観を変更する場合。
  2. 宅地の造成、その他土地の形質の変更
  3. 土石類の採取
  4. 竹木の伐採

 また、計画区域内の伝統環境の保存に必要な事業に対して補助金を交付しています。

 詳しくは、下記パンフレットをご覧いただくか、文化財課へお問い合わせください。(文化財課:電話026-224-7013)

様式

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
文化財保護担当
Tel:026-224-7013
Fax:026-224-5104
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る