ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

埋蔵文化財とは

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年12月20日更新

埋蔵文化財のイメージ

埋蔵文化財イメージ図

 私たちの生活している現在は、長い過去の歴史的積み重ねにより成り立っています。ビルや家、道路など、様々な建物・構造物は、盛土や掘削といった造成を繰り返して現在にいたっています。

 では、昔の人々の生活した痕跡はどこにあるのでしょう?長い年月の積み重ねの中で、昔の痕跡は地中に埋まり、またその上で生活の痕跡が作られていきました。そのため、各時代ごとの生活の痕跡は、現在でも地中に眠ったままになっています。

  これら地中に埋まっている文化財を「埋蔵文化財」と呼び、遺構(昔の建物や墓の跡など)や遺物(昔の土器、石器など)の集中する地区を「遺跡」と呼んでいます。

  遺跡は基本的には下層にいくほど古い時代のものが埋まっています。しかし、昔の地形と現在の地形が異なっているため、浅い位置で古い遺跡が発見されることもあります。

 遺跡は、できればそのまま土の中で保存して、後世へと引き継ぐことが理想といえます。ただし、土木工事などの開発によって、やむを得ず遺跡を破壊する場合もあります。

 埋蔵文化財センターでは、開発によって壊されるこれらの遺跡を発掘調査して、記録・公開することにより、遺跡の保存と活用に努めています。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
埋蔵文化財センター 〒381-2212 長野市小島田町1414番地(長野市立博物館内)
Tel:026-284-0004
Fax:026-284-0106
前のページに戻る ページトップに戻る