ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 交通 > 交通安全 > 夜間・夕暮れ時の交通事故に注意しましょう

夜間・夕暮れ時の交通事故に注意しましょう

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月1日更新

10月は夜間・夕暮れ時の交通事故が多発します!

 秋が深まり、急激に日没時間が早まるこの時期は、交通事故が発生しやすい季節です。
 昨年、県全体では、10月における夜間の交通事故は、912件発生しました。これは、1年間で最も多く、前月(9月)と比較すると、約2倍に急増しました。
 本市においても、ここ数年、9月から10月にかけて、交通事故が急増する傾向があり、年間を通して、12月とともに、最も交通事故が発生しやすい時期であるといえます。

1、長野市内の月別交通事故発生件数(直近5ヵ年)

件数1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
H261571221491321251361411391671411491851743
H251541791601681681461971681321691561701967
H241641801631411691611552151681721811732042
H231601711731441871681821801822121692062134
H222271952031821742132231881722462582382519
合計86284784876782382489889082194091397210405

※ 「平成26年長野市交通事故統計」より

 2、平成26年中の交通事故の月別・項目別発生件数(長野県全体)

件数1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
全事故7896577577367426797737927899127579039286
 夜間253201176136121811011341523022893222268
薄暮時1119797102867076861221611191231250
昼間536456581600621598672658637610468581 7018
 歩行者97767774655085546710468109926
高齢者2722172452772842442792852713252803393318
高齢運転手1511371611661791391791671781941732102034
 交差点件数3362573513733873503803863924483554154430
交差点死者23 34424272 33

※ 長野県警察本部交通部「平成26年交通統計」より

夜間・夕暮れ時の交通事故を防ぐポイント

自動車のヘッドライトの「4時から点灯」「ハイビームの利用」

 この時期は、日没の前後1時間である「薄暮時」にも事故は多発します。この薄暮に差し掛かる午後4時を目安に、自動車のヘッドライトを点灯し、歩行者や自転車の早期発見に努めましょう。

 また、ヘッドライトは、ハイビーム(走行用前照灯)が基本です。
 対向車と行き違う場合等は、ロービーム(すれ違い用前照灯)に切り替える必要がありますが、こまめにハイビームとロービームを切り替えることで、注意力が増し、漫然運転の防止につながります。

歩行時の夜光反射材、自発光材の活用

 夜間・薄暮時は、昼間に比べて歩行者を発見しにくくなります。
 夜光反射材や自発光材は、着用者の存在を運転者に発見させるため、夜間の事故防止に絶大な効果があります。

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-7615
Fax:026-224-8596
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る