ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 医療 > 福祉医療費給付金の申請について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 障害者 > 福祉医療費給付金の申請について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 子ども > 子育て > 福祉医療費給付金の申請について

福祉医療費給付金の申請について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年4月1日更新

福祉医療費給付金について

この制度は、福祉医療の対象となる市民の方が医療機関など(薬局含む)で支払った保険診療の自己負担分を給付します。

 通常、医療機関等(病院・歯科・薬局・訪問看護・柔整・針・灸・マッサージ等)を受診された場合、保険証を提示することで、総医療費の1~3割(年齢等によって異なる)を医療機関等に支払います。医療費の仕組みは以下のようになっています。

保険者負担分(7~9割) 

窓口で支払う額

一部負担金(1~3割)

(1)保険外金額

(2)高額療養費

(3)付加給付

自己負担分

(給付対象)

※公費負担や災害共済給付等、各法令や各種制度等により医療扶助などを受けられた場合には、その金額を控除して計算します。詳細はお問い合わせください。

 支給される福祉医療費給付金について

 
福祉医療の給付対象は一部負担金のうち、自己負担分が対象になります。
 
1レセプトにつき500円の受給者負担金を差し引いた額を給付します。 (500円より少ない医療費の場合、給付はありません) 診察月(申請月)の2~3ヵ月後の28日(金融機関休業日は前営業日)にお振り込みします。   
 
※1レセプトとは
医療機関等が病名や診療行為などを記載して各保険者に請求する診療報酬明細書のこと。
目安として1ヵ月1医療機関ごとですが、同月の入院と外来は異なります。また、薬局の場合は処方元の医療機関ごとになります。  
 

ただし、下記に該当する部分の金額については給付をいたしません。

 

(1)保険適用外の費用 

 差額ベッド代や文書料、予防接種や健診など保険が適用されないものです。この金額は福祉医療制度の対象となりません。

 詳細は医療機関にお問い合わせください。 

※保険適用であっても給付にならない場合(福祉医療以外で給付が受けられる場合、例えば保育園、学校等でケガをした際に災害共済が給付されるなど)があります。 

(2)高額療養費  

 医療費の自己負担には上限が設けられており、それを超えてお支払したものについては保険者から払い戻しを受けることができます。所得に応じて上限額は決められています。
(住民税非課税の方は、「市県民税非課税証明書」が必要になることがありますので、加入健康保険へお問い合わせください)

  高額療養費の支給について(国民健康保険加入の方 長野市国民健康保険課) 

  高額療養費の支給について(全国健康保険協会(社会保険)に加入の方)     

(3)付加給付

 健康保険組合、共済組合など、保険者が独自に定める医療費の給付制度です。一部負担金が各保険者の定めた基準額を超えた場合、その超えた分について高額療養費とは別に保険者から支給されます。詳しくは加入されている各健康保険組合、共済組合等にお問い合わせください。

 給付例

例1)1ヵ月間でA病院に1,000円、B病院に予防接種3,000円、C薬局に250円支払った場合

   A病院 1,000円-500円(受給者負担金)=500円が給付となります。

   B病院 予防接種は保険適用外ですので、給付対象外となります。

   C薬局 1ヵ月1医療機関の合計が500円未満の場合は給付はありません。

例2)D病院に同月に20日間入院し、135,000円(内30,000円が差額ベッド代、5,000円が食事代)支払った場合

  差額ベッド代の30,000円と食事代5,000円は福祉医療の対象外です。

  135,000円-30,000円(差額ベッド代)-5,000円(食事代)=100,000円

  100,000円から、高額療養費や付加給付として加入健康保険組合から給付された額と500円(受給者負担金)を差し引いた額が給付になります。

同じ月に1つの医療機関等で自己負担金が21,000円を超える場合は、お振り込みが分割となる場合があります。また、改めて申請が必要となる場合もありますが、該当される場合は福祉政策課からお知らせいたします。

 

 給付の申請方法について

県内の医療機関等に受診したとき

 医療機関の窓口で「福祉医療費受給者証」を提示して、医療費をお支払いください。(受診の際には毎回提示してください)

県外の医療機関等を受診したとき

1 医療機関の窓口で医療費をお支払いして、受診者名が確認できる領収書を受け取ってください。

2 福祉政策課、各支所または長野市ホームページに申請用紙がありますので、記入・押印し、領収書(写し可)を添付の上、福祉政策課または各支所に申請してください。

※受給者証の提示及び県外等の申請書の提出期限は、診察月を含めて6ヵ月以内となっております(診療月の医療費の支払いが有効期限までに完納していることも必要です)ので、お早めに提示・申請をお願いします。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
福祉医療担当
Tel:026-224-7829
Fax:026-224-5106
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る