ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健所 健康課 > ~おいしい空気でおもてなし~ JR長野駅前広場の禁煙にご協力ください

~おいしい空気でおもてなし~ JR長野駅前広場の禁煙にご協力ください

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年3月18日更新

おいしい空気でおもてなし街頭啓発キャンペーンを実施しました

 県都長野市の玄関口であるJR長野駅前広場において、おいしい空気でおもてなしの心を表すとともに、多くの人が行き交う公共の場所における受動喫煙防止の推進を図るため、平成27年3月18日に「おいしい空気でおもてなし街頭啓発キャンペーン」を実施しました。
 「新・健康ながの21」推進市民の会、長野市すこやかリーダー会のボランティアの方にご協力いただきながら、長野駅前広場の禁煙を呼びかけました。
 今後も多くの人が集まる場所での、禁煙にご協力をお願い致します。

 (キャンペーンの様子)

       街頭啓発キャンペーン   街頭啓発キャンペーン

    街頭啓発キャンペーン   街頭啓発キャンペーン

      街頭啓発キャンペーン   街頭啓発キャンペーン

受動喫煙とは?

 受動喫煙とは、タバコを吸わない人が、タバコの煙が混じった空気を吸わされることをいいます。
 タバコの先から出る煙(副流煙)には、喫煙している本人が口から直接吸い込む煙(主流煙)よりも多くの有害物質(タール・ニコチン・一酸化炭素など)が含まれ、目や鼻の粘膜を刺激します。有害物質の含有量は、主流煙よりも副流煙の方が、タール3.4倍、ニコチン2.8倍、、一酸化炭素4.7倍高いことがわかっており、肺がんや心臓疾患の死亡率の上昇、妊産婦における胎児への影響、小児の呼吸器疾患との関連が指摘されています。 (参考:厚生労働省ホームページ 「最新たばこ情報」より) 

 健康増進法(平成15年5月1日施行)で規定されています。

 健康増進法

第25条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これら利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

  

 ※多数の市民が利用する施設の管理者は、タバコによる健康への悪影響を防ぐため、 適切な受動喫煙防止対策に努めましょう。

 

 リーフレット: 「タバコによる受動喫煙の害を防ごう」 [PDFファイル/989KB] 

 県リーフレット: 「たばこの害はこんなにたくさん」 [PDFファイル/1.25MB]    

 

【関連リンク】

 「おいしい空気の施設」(終日全面禁煙施設)の認定について

 

 

 

 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
健康づくり担当
Tel:026-226-9961
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る