ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

乳幼児期に気をつけたい感染症

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年6月1日更新

 乳幼児期に気をつけたいおもな感染症

子どもは病気にかかりながら、徐々に抵抗力を身につけ、丈夫な身体になっていきます。感染症に繰り返しかかるのは、子どもの成長過程で必要なことでもあります。ただし、重症化しやすい感染症もあります。感染症にかかった時は、症状をよく観察し、適切な受診をしましょう。

病気と症状、手当てなどについて

麻しん(はしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)など、詳細はこちら

 病名と症状、手当てなどについて [PDFファイル/187KB]

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
感染症対策担当
Tel:026-226-9964
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る