ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

ダニからの感染症

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年7月25日更新

ウイルスを保有しているダニに咬まれることにより感染します。マダニが原因の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」や、ダニの一種であるツツガムシの幼虫が原因の「つつが虫病」などがあります。

ダニは主に森林や草地等の屋外に生息しており、市街地周辺でも見られます。それぞれの症状が出た場合には、早めに医療機関を受診してください。

ダニが原因の病気について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

潜伏期は6日〜2週間で、おもに発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)がみられ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こします。

治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはありません。

 

つつが虫病

潜伏期は5~14日で、おもに39℃以上の高熱、ダニの刺し口、発疹、倦怠感や頭痛、局所のリンパ節の腫脹などがみられます。

治療は抗菌薬の投与が必要です。予防可能なワクチンはありません。

 

予防方法

ダニに咬まれないようにすることが重要です。やぶや草むらなど、ダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖・長ズボン(シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる)、足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)を着るなど、肌の露出を少なくすることが大事です。また、屋外活動後は入浴し、マダニに刺されていないか確認してください。特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイントです。

 

ダニに咬まれていることに気付いたときには

ダニを無理に引き抜こうとすると、ダニの一部が皮膚内に残ってしまうことがあるので、できる限り直接手でダニを取ったり、つぶしたりせず、病院で処置してもらいましょう。

 

<関連リンク>

厚生労働省ホームページ「重症熱性血小板減少症」

国立感染症研究所ホームページ「つつが虫病」

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
感染症対策担当
Tel:026-226-9964
Fax:026-226-9982
前のページに戻る ページトップに戻る