ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

流行性角結膜炎(はやり目)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年10月7日更新

流行性角結膜炎とは

感染力が非常に強く、家族間や集団生活の場等で広まりやすい感染症です。潜伏期間は1~2週間で、発症後は軽快するまで約2~4週間かかります。

感染経路

患者が目をこする等をした際に、ウイルスが手に付着します。その手で触れたものから周囲の人へ感染します。

 症状

  • 充血や目やに
  • 流涙
  • 異物感

治療

有効な薬剤はありませんが、対症療法で抗炎症剤の点眼と、細菌の感染に対する予防と治療のために抗生剤の点眼を行うことがあります。

予防方法

手洗いやアルコール等の速乾性消毒液を用いて、手を清潔にすることが大切です。

目やに、涙にウイルスがいるので、手で直接触らずに、ティッシュなどで拭きましょう。また、患者が使用したタオルは他の洗濯物と別に洗いましょう。

長野市における発生状況 

 長野市における発生状況は、長野市感染症情報をご覧ください。

 長野市感染症情報

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
感染症対策担当
Tel:026-226-9964
Fax:026-226-9982
前のページに戻る ページトップに戻る