ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 感染症・難病 > 血液製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方への給付金について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 医療 > 血液製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方への給付金について

血液製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方への給付金について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年6月7日更新

血液製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方への給付金について

ご注意ください!請求期限が近づいています!

出産や手術で大量出血したことがある皆さま、C型肝炎検査はお済みでしょうか?

感染が確認された方の給付金の請求期限は、平成30年1月15日までです!

対象となる方

次の方は、一定の手続きによって国からの給付金を受け取ることができます。

  • 妊娠中や出産時の大量出血、手術での大量出血、新生児出血症などについて「特定フィブリノゲン製剤」や「特定血液凝固第9(※正しくはローマ数字)因子製剤」の投与を受けたことによりC型肝炎ウイルスに感染された方とその相続人

※手術での腱・骨折片などの接着の際に、フィブリン糊として使用された場合も該当します。
※既に治癒した方や、感染された方からの母子感染で感染された方も対象になります。

給付金を受け取るための手続き 

給付金を受け取るためには、平成30年1月15日までに国を被告とする訴訟を提起していただく必要があります。

詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。
C型肝炎給付金 お知らせ [PDFファイル/90KB]

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
難病精神保健担当
Tel:026-226-9965
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る