ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

タバコのほんとうの話

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2013年4月1日更新

新・健康ながの21『タバコのほんとうの話』

タバコが健康に及ぼす影響は・・・
タバコの煙には、約200種類の健康に影響を及ぼす物質が含まれ、その中の約40種類以上が発がん促進物質といわれています。
その中で、特に影響の大きい物質が、一酸化炭素・タール・ニコチンです。

一酸化炭素・・・毒性のあるガス状の物質

身体を酸素不足にして、心臓に負担をかけます。

タール・・・泥のようなべたべたの物質

発がん物質が多く含まれています。
タールが体の中に入ると、体の中の臓器に付着していきます。

どちらが喫煙者の肺でしょうか?

写真提供:日本禁煙推進医師歯科医師連盟
香川県立保健医療大学 教授 佐藤 功 禁煙医師連盟会員

非喫煙者の肺  喫煙者の肺

  【非喫煙者の肺】                  【喫煙者の肺】

 タールは体のどの部分にも付着します。見た目にも付着しているのが分かります。タールが体の細胞内に入ると本来の体の機能を衰えさせてしまいます。

20歳代女性

20歳代女性非喫煙者の歯の状態  ⇔  20歳代女性喫煙者の歯の状態

40歳代男性

40歳代男性非喫煙者の歯の状態  ⇔     40歳代男性喫煙者の歯の状態

三村歯科医院(京都) 三村 善郎歯科医師 提供

ニコチン・・・毒性のある薬物

血圧を上昇させ、心拍数を増やし心臓に負担をかけます。心と身体に強い依存症をもたらします。
喫煙はストレス解消!?・・・実はストレスを作り出しているのです。

血中ニコチン濃度グラフ

禁煙すると、こんなにメリットがあります!

1年間の禁煙で心臓病にかかるリスクが喫煙者の2分の1

タバコは心臓への負担を増やし、動脈硬化を促進します。
喫煙数分後には、体内でタバコのダメージから回復しようとする機能が働きはじめます。

時間に余裕ができる!

喫煙所を探したり、タバコを吸う時間を有効に使えます。

お金が貯まる!

1日1箱吸っている人が10年間禁煙すれば100万円以上の節約に!

家族や親しい人との関係性が深まる

きれいな空気の中、コミュニケーションの時間が増えて食べ物がおいしく感じます。
何よりも大切な子どもの健康を守れます。
子どもが、将来、タバコを吸う可能性が低くなります。

禁煙できたことで自分に自信が持てます!

周囲の人もきっとあなたの挑戦を認めてくれます。

その他にも・・・

  • 咳や痰がとまる
  • 朝の目覚めがさわやかに
  • 服が臭わない
  • 家が汚れない  等々

あなたにとってのタバコとは・・・?

これを機会にタバコのことについて考えてみませんか。
禁煙について興味がある方は、「タバコ相談」のページをご覧ください。

関連リンク

新・健康ながの21 タバコ 「おいしい空気で健康家族」パンフレット 

こちらをご覧ください。 [PDFファイル/2.81MB]

終日全面禁煙施設の認定に関する情報です

「終日全面禁煙施設の認定について」はこちらをご覧ください。

タバコ相談に関する情報です

「タバコ相談」はこちらをご覧ください。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)、世界COPDデーに関する情報です

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)ってどんな病気??」はこちらをご覧ください。



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里6丁目6番1号
健康づくり担当
Tel:026-226-9961
Fax:026-226-9982

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る