ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 食生活 > 食の安全・安心 > カキなど二枚貝によるノロウイルス食中毒

カキなど二枚貝によるノロウイルス食中毒

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年2月12日更新

 カキなどの二枚貝によるノロウイルス食中毒を防止しましょう!!

カキなどの二枚貝は、ノロウイルスの汚染を受けやすい食品です。

できるだけ十分に加熱して食べましょう。

 

カキなどの表面が汚染されている??

 カキなどの二枚貝は、身の部分の表面がノロウイルスに汚染されるのではなく、海中で内臓部分にノロウイルスを蓄積してしまう性質があります。

 

新鮮だから生で食べても大丈夫??

 カキなどの二枚貝がノロウイルスの汚染を受けている場合、新鮮であっても、時間が経っていても、ウイルスの量に変化はありません。
 ノロウイルスについて言えば、汚染を受けているカキなどを生で食べる場合、新鮮であれば食中毒を起こす可能性が低いというわけでは、まったくありません。

 ただし、食中毒を起こす細菌は、時間とともに増える可能性がありますので、一般的には、食品の鮮度が落ちるにとともに細菌性の食中毒を起こしやすくなると言えます。

 

「生食用カキ」なら生で食べても大丈夫??

 「生食用」として販売されているカキの成分規格という基準は、細菌数、大腸菌数、腸炎ビブリオの数についてのみ規定されており、「生食用」の表示はノロウイルスの汚染について関係づけられたものではありません。

 そのため、「生食用」の表示は、「ノロウイルスの汚染を受けていません」ということを保証しているわけではありません。

表面を加熱すれば大丈夫??

 ノロウイルスの感染性を失わせるために必要な加熱の条件は、85℃から90℃で90秒以上です。

 ノロウイルスに汚染されたカキなどの二枚貝を安全に食べるためには、身の中心部の温度を85℃以上で90秒以上保つ必要があります。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
食品衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る