ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 動物・ペット > その他動物 > 高病原性鳥インフルエンザについて

高病原性鳥インフルエンザについて

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年12月28日更新

高病原性鳥インフルエンザウイルスについて

 高病原性鳥インフルエンザは、鶏等に感染した場合に次々とその鶏を死亡させてしまう鳥の病気です。

 国内でも、数ヵ所の養鶏場で発生していますが、人の感染発症例はありません。

 愛玩鳥が死亡したからといって、直ちに高病原性インフルエンザを疑う必要はありませんが、心配であれば保健所までご相談ください。

 なお、野鳥やその他鳥インフルエンザに関することは、下記のホームページを参照してください。

<愛玩鳥の飼養者のみなさまへ>

 愛玩鳥の飼養者の方は、愛玩鳥の高病原性鳥インフルエンザの感染防止のために、愛玩鳥が野鳥と接触しない等注意し、異常が見られた場合は、かかりつけの獣医師にご相談ください。

<動物取取扱業のみなさまへ>

 飼養鳥の健康状態に注意し、異常死または大量死の早期発見に努めてください。特に、野鳥との接触を防ぐことが困難な飼養環境にある場合は、できるかぎり接触を避けるよう注意してください。

 周辺において、または国内複数個所で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合は警戒を強化し、以下の点に注意して対応してください。

・飼養鳥の移動は最小限とし、放し飼い展示は原則として中止する。また、可能な場合は、野外の飼養鳥を野鳥との接触の可能性が低い施設内に収容する。

・観覧者の靴底の消毒を徹底し、飼養鳥と観覧者との間に十分な距離を確保する。観覧者の飼養鳥とのふれあい、観覧者による餌やりを中止する。また観覧者以外の外部からの来訪者についても、ウイルス持込防止を徹底する。

 高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる場合は、保健所にご相談ください。

 鳥における症状:元気消失、食欲減退、くしゃみ・鼻汁等の呼吸器症状、下痢、起立困難などの神経症状

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
動物愛護センター
Tel:026-262-1212
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る