ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

ソラニン類(ジャガイモ)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

ジャガイモの喫食によるソラニン類食中毒について

 

 他県の小学校で、学校で栽培したジャガイモを食べたことによる食中毒が発生しました。

 ジャガイモの発芽部分や緑色の部分には、ソラニン類という有毒物質が多く含まれていることから、食中毒防止のため、以下の点に十分注意してください。

  1. 家庭菜園などで栽培した未成熟で小さいジャガイモは、全体にソラニン類が多く含まれている可能性があるので、出来るだけ食べないようにしましょう。
     
  2. ジャガイモの芽や日光に当たって緑化した部分には、ソラニン類が多く含まれるため、これらの部分を十分に取り除き、調理しましょう。
     
  3. ジャガイモは、日光が当たる場所を避け、冷暗所で保存しましょう。


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
食品衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る