ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

ホタルイカ注意喚起

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

ホタルイカの生食にご注意を! 旋尾線虫症

平成14年4月25日


ホタルイカイラスト ホタルイカは3月から6月に日本海の岸近くに押し寄せ、手ですくえるほどです。

 しかしホタルイカからは、旋尾線虫という寄生虫の幼虫が検出されています(168検体中12検体、7.1%:国立感染症研究所、平成12年6月)。

 この幼虫には多くの種類があり、ホタルイカから検出されるものはタイプX(テン)と呼ばれ糸くずのように細長く、イカの内臓に寄生しています。

 

もしも生食して人に寄生すると次のような症状が出ます。

  • 喫食後約1日から3日のうち腹部皮膚にみみずばれができる「皮膚爬行(はこう)症」
  • 嘔吐、腹痛
  • 最悪の場合「腸閉塞」。腸閉塞は入院し数日の絶食で軽快することが多いのですが、重症の場合は手術が必要になります。

 予防法 

 ホタルイカは大きさも手ごろなため、生で丸飲みしたり刺身で食べられることも少なくありません。しかし、次の方法で予防することができます。

  • 生で食べるときは完全に内臓を取り除く
  • 全体を食べる場合はボイルする(沸騰水に投入し30秒以上、中心温度60℃以上で処理する)
  • −30℃の低温で4日間以上、−35℃では15時間以上、−40℃では40分以上凍結処理されているもの(表示されています)はそのまま食べても安全です。(市販されている生のホタルイカも加熱用のものは凍結処理していませんのでご注意ください)

 

 


 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
食品衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る