ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 食生活 > 食の安全・安心 > ノロウイルス食中毒にご注意ください
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の皆さんへ > 食品衛生 > 食品衛生 > ノロウイルス食中毒にご注意ください

ノロウイルス食中毒にご注意ください

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年1月20日更新

ノロウイルスによる食中毒・感染性胃腸炎

 

 

石けんと流水でしっかり手洗い!

 

 

 

 

 

<関連リンク・資料>

 ノロウイルスとは

 ノロウイルスは主に冬期(12月から3月)に多発する食中毒や感染性胃腸炎の原因物質のひとつです。 決して珍しいウイルスではありません。風邪と同様、誰でも感染し、またどんな食材でも汚染される可能性があります。 

このウイルスは直径約30ナノメートル*前後の非常に小型のウイルスです。本来は人のウイルスですが、便などで排泄されたこのウイルスが川や海に流れ出て、カキなどの二枚貝に取り込まれてしまうと考えられています。

  • ナノメートル=1mmの100万分の1

特徴

  • ノロウイルスに感染した調理従事者やノロウイルスに汚染された調理器具類などが原因と考えられる食中毒事例が多い。
  • ノロウイルスは、細菌のように食品中で増えることはなく、ヒトの体の中でだけ増えることができる。
  • 感染した人の便の中には1グラムあたり10億個のウイルスが含まれる。
  • 感染力が非常に強く、ごくわずかな量(数個から100個程度)のウイルスを摂取するだけで感染・発症する。
     

症状

  • 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱など
  • 症状は1から2日で治まるが、治っても1週間から1ヶ月の間、便の中にウイルスが排出される。
     

原因食品・感染源

  • 患者(感染者)の便や嘔吐物
  • カキなどの二枚貝
  • 非加熱食品(魚介類、寿司、野菜サラダ、サンドイッチなど)

予防対策

食中毒予防 加熱調理イラスト

  • 食品は中心部まで十分に(85から90℃で90秒以上)加熱しましょう。
  • カキなどの二枚貝は加熱して食べるようにしましょう。
  • 調理する前やトイレの後などには液体石けんを使い、十分に手を洗いましょう。
  • まな板やざるなどの調理器具類は、洗剤で十分に洗い、熱湯や塩素系漂白剤などで消毒しましょう。

二次汚染対策

ノロウイルスは感染力が強いためヒトからヒトへ感染することがあります。
  • 手洗いを十分に行い、感染の防止に努めましょう。
  • トイレの後や調理の前、食事の前には、液体石けんを使いしっかり手を洗いましょう。
食品の取り扱いに注意しましょう。
  • カキ等の二枚貝を扱った後は、十分に手洗いをしましょう。
  • 使用した調理器具も十分に洗浄しましょう。
感染者の便や嘔吐物は直接ふれないよう特に以下の点に注意しましょう。
  • 嘔吐物などは、使い捨ての手袋やマスクなどをして、新聞紙及びペーパータオル等でふき取る。
  • 汚れた床は、塩素系漂白剤を染み込ませたタオル等で数分覆い、消毒する。
  • 汚れた衣類、雑巾等は、塩素系漂白剤に数分浸して消毒する。
  • 汚物を片づけたら液体石けんで十分に手を洗い、うがいをする。
     

感染予防

  • 外出の後は、液体石けんによる手洗い、うがい、をしっかり行いましょう。
  • 感染したと思ったら脱水症に注意して、早期に医療機関に受診してください。

食品関係営業者の方へ  

  • 感染性胃腸炎の流行する時期、食品を取り扱う際には、「自分も感染しているかも」という意識を持ちましょう。
  • 家族内での感染の機会は非常に多いです。ご家族の中で胃腸炎症状を呈している方がいる場合は要注意です。
  • 下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱など風邪に似た症状があった時は、調理行為に携わらないようにしましょう
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
食品衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る