ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 医療 > かかりつけ薬局をもちましょう(その6)

かかりつけ薬局をもちましょう(その6)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2012年2月16日更新

かかりつけ薬局をもちましょう(その6)

前ページへ戻る | <<先頭ページへ戻る

なぜ、『かかりつけ薬局』を持つと良いのでしょう?

  1. あなたの「薬歴(お薬の服用の記録)」をつくります。
  2. いろいろなお医者さんから同時に処方せんが出たときなど、お薬の飲み合わせ(相互作用)や重複がないかを確認します。
  3. 大衆薬との飲み合わせも確認します。
  4. お薬についてわかりやすく説明します。お薬の名前や効きめなどを書いたメモをお渡しすることもあります。
  5. 透析液など、持ち帰りが困難なお薬を、ご自宅まで届けます。
  6. 寝たきりの方には、ご自宅へお伺いして、お薬や、介護用品の相談もいたします。
  7. 休日・夜間など、いざという時に相談できます。
  8. 何でも気軽に相談してください。かかりつけ薬局はあなたの心強い味方です

かかりつけ薬局を決めている場合

かかりつけ薬局を決めている場合の図

 かかりつけ薬局があなたのお薬を交通整理します

かかりつけ薬局を決めていない場合

かかりつけ薬局を決めていない場合の図

 お薬同士の重複や相互作用が心配です

 医療の高度化と共に機能分化が進み、新しい薬もどんどん開発されています。高度化、多様化する現在の医療においては、それぞれの専門分野のそれぞれの専門家が努力し、協力し合うことで、患者によりよい医療を提供することが求められています。

 薬局には薬剤師という薬の専門家がいます。地域の皆さんの薬の相談相手として薬局を十分に活用してください。なお、医師同様に薬剤師にも患者に関する守秘義務がありますので、プライバシーが侵害される恐れはありません。

前ページへ戻る | <<先頭ページへ戻る

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
薬務・生活衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る