ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

不正大麻・ケシについて

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年11月14日更新

不正大麻・けし撲滅運動

実施期間:5月16日~7月15日


不正大麻草(あさ)、植えてはいけない「けし」が栽培されたり、自生していませんか?

  • 大麻草(あさ)は、吸引すると精神障がいをきたすため、栽培したり所持することが「大麻取締法」により厳しく規制されています。
     
  • けしには、麻薬の原料となり「あへん法」などで栽培したり所持することが禁止されている「けし(植えてはいけないけし)」があります。

・・見かけたら保健所・警察署に御連絡をお願いします・・・


大麻

植えてはいけないけし

植えてもよいけし

大麻草

ソムニフェルム種セティゲルム種ハカマオニゲシ
けし(ソムニフェルム種)けし(セティゲルム種)ハカマオニゲシ
ひなげしおにげし
ひなげしおにげし

 

大麻草の特徴

植えてはいけないけしの特徴

■全草に独特の青臭さがある。
■茎の切り口の中心には髄がある。 
■茎は四角形で緑色、縦に溝が通っており、太さは親指ほどになることがある。 
■葉は3~9枚の小葉が集まった手のひらの形。小葉はノコギリの歯のように切れ込んでおり先端は尖っている。

■背が高く、植えてもよいけし(ひなげし等)に比べて頑丈な感じがする。
■全体に白っぽい緑色で、ろう質が付着しており、ほとんど毛がない。
■葉の付け根は茎を巻き込むように付いている。植えても良いけしに比べてギザギザが少なく幅が広い。
■5~6月頃一重または八重の花を咲かせる。(花の色は掲載した画像に限らず多種多様である)


このページは、厚生労働省発行「大麻・けしの見分け方」、長野県発行「不正大麻・けし撲滅運動啓発用チラシ」を参考に作成しています。


<関連リンク>


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
薬務・生活衛生担当
Tel:026-226-9970
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る