ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

動物取扱業

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年2月26日更新

動物取扱業について

 ほ乳類、鳥類及び爬虫類に属する動物を販売、保管、譲渡等する場合には、動物取扱業の登録または届出が必要です。

 動物取扱業にはペットショップ、ペットホテルやトリミングサロンなどの営利を目的とした「第一種動物取扱業」と、非営利で展示、譲渡等を行う「第二種動物取扱業」があります。

第一種動物取扱業

 営利目的で次の行為を行う場合は、第一種動物取扱業の登録が必要です。

  1. 動物を販売する場合
  2. 動物を飼い主から預かり保管する場合
  3. 動物を訓練する場合
  4. 動物を展示する場合
  5. 動物を貸出する場合
  6. 動物を飼い主から引き取り飼養する場合
  7. 動物の競り場を設ける場合

 該当する業態ごとに登録が必要です。

 また、より適切に動物の販売が行われるよう、販売業には以下の規制があります。

  • 幼齢(生後49日齢以下)の犬猫の販売制限
  • 「犬猫等健康安全計画」の提出義務
  • 「犬猫等に関する帳簿」の作成と定期的な報告義務
  • 顧客に対して、販売する動物の現物確認・対面による説明の義務

申請・届出様式

  1. 第一種動物取扱業登録申請書 [Wordファイル/61KB]
  2. 第一種動物取扱業の実施の方法 [Wordファイル/38KB]
  3. 申請者並びに取扱責任者等の申告書 [Wordファイル/31KB]
  4. 第一種動物取扱業登録更新申請書 [Wordファイル/64KB]
  5. 第一種動物取扱業変更届業務内容・実施方法変更届出書 [Wordファイル/34KB]
  6. 第一種飼養施設設置届出書 [Wordファイル/79KB]
  7. 第一種動物取扱業変更届出書 [Wordファイル/35KB]
  8. 第一種動物取扱業登録証再交付申請書 [Wordファイル/32KB]
  9. 廃業等届出書 [Wordファイル/41KB]

 ※10から13は販売業のみ

10. 犬猫等健康安全計画 [Wordファイル/30KB]

11. 犬猫等販売業開始届出書 [Wordファイル/38KB]

12. 犬猫等販売業廃止届出書 [Wordファイル/31KB]

13. 犬猫等販売定期報告届出書 [Wordファイル/63KB]

罰則

 無登録で第一種動物取扱業を行った場合や改善命令、営業停止命令に従わない場合は、100万円以下の罰金に処されます。また、登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処されます。  

第二種動物取扱業

 非営利で動物の譲渡・保管・展示などを行う場合、保健所へ届出が必要になる場合があります(下図参照)。

 第二種動物取扱業は、飼養する動物の適正な飼養を確保するため、飼養施設に必要な設備を設けると共に、逸走防止、清潔な飼養環境の確保、騒音等の防止等が義務付けられています。

第二種動物取扱業

頭数規制

届出様式

  1. 第二種動物取扱業届出書 [Wordファイル/54KB]
  2. 第二種動物取扱業の実施の方法 [Wordファイル/32KB]
  3. 第二種動物取扱業変更届出書 [Wordファイル/36KB]
  4. 第二種動物取扱業変更届出書 [Wordファイル/36KB]
  5. 飼養施設廃止届出書 [Wordファイル/31KB]
  6. 廃業等届出書 [Wordファイル/31KB]

罰則

 届出をせずに第二種動物取扱業を行った場合や改善命令に従わなかった場合は、30万円以下の罰金に処されます。


<関連リンク>

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
動物愛護センター
Tel:026-262-1212
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る