ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

救急蘇生

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月1日更新

救急蘇生


注意すべき症状

・顔色が悪く・無表情

・体動がなく、呼んでも反応がない

・呼吸していないか、止まりそう

ただちに救急蘇生

 蘇生の仕方と手順

時刻を確認しておきましょう

1 大声で119番とAED(自動対外除細動器)の手配 ※外出先で体調が悪くなった場合

2 普段通りの呼吸がなければ気道を確保(口内異物・吐物を除き頭をそり返らせ)し、ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始!
  強く(胸の厚さの3分の1の深さ)、速く(100回/分)、絶え間なく(中断を最小に)!!

乳児は3本の指先で押せます

肩の下にタオルを入れると息を吹き込みやすくなります


 肩の下にタオルを入れると肺へ吹き込みやすくなります
 体の下の柔らかい布団は除きます

幼児は右手で押せます


 頭を反り返らせると肺へ吹き込みやすくなります

心臓マッサージ箇所

 3 人工呼吸ができる場合は
2回の人工呼吸、以後胸骨圧迫〔30回(一人法)または15回(二人法)〕+人工呼吸(2回)を継続
《人工呼吸ができなくても、胸骨圧迫だけは続ける》

 

心臓マッサージの図

学童は左手に右手を重ねて肩を使って押します
2~3cmへこむように

4 AEDが到着
電極パッドを装着し、音声ガイドに従い電気ショックを施行
《電気ショック後ただちに胸骨圧迫を再開》

人工呼吸の図

ゆっくり吹き込むと肺へ入りやすくなります
 

人工呼吸(吸い込み)

心臓は動き始めたけど呼吸をしない時は、
1(吹き込み)、2・3(吸い込み)
とリズムをとりながら

 

 


 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
医療連携担当
Tel:026-224-8499
Fax:026-224-8483
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る