ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

一般介護予防事業について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年7月31日更新

 65歳以上の方を中心に、心身ともに健康で自立した生活を送ることのできる期間 (=健康寿命)を長く保つための介護予防や、日常生活の自立に向けた取り組み、地域の介護予防活動に対する支援・補助を行っていきます。

  1. 介護予防普及啓発事業 =介護予防の取り組み方法の普及のため、啓発・体験を行います。
  2. 地域介護予防活動支援事業 =地域の高齢者同士で、自主的に予防活動を継続できる様に支援・補助を行います。

 

超・高齢化の「新時代」に備えよう

 少子高齢化の影響から、医療や介護サービス等を必要とする高齢者が増加する一方、働き世代の減少により社会の「担い手」が不足するため、将来的には税金や保険料が高くなることが予想されます。

 健康であることが「財産」と言われるように、健康な状態を長く保つことで、医療や介護にかかる費用を減らすことができます。健康寿命を延ばすために、足腰の健康維持のための「運動」や、生きがいや認知症予防のための「人との交流」等の予防活動を心がけましょう。

 個人ごとの取り組みについては 「健康寿命を延ばそう」 の頁へ

 地域での取り組みについては   「『お互いに助け合える』社会へ」 の頁へ

 

介護予防普及啓発事業

介護予防教室

 介護予防を目的とした運動指導、寝たきりや認知症の予防、健康づくりなどの講座・教室などがあります。地域包括支援センター、在宅介護支援センターで実施します。

  ご利用ください「介護予防あれこれ講座」・「地域介護予防講座」 の頁へ

介護予防あれこれ体験講座

 いきいきとした生活を続けるためには、お元気なうちからの介護予防の取り組みが重要です。

 地域で活動している高齢者のグループ向けに、日頃から介護予防に取り組めるように、「体験」を重視した出前講座を実施します。

  『ご利用ください「介護予防あれこれ体験講座」』 の頁へ

 

地域介護予防活動支援

 お住まいの地域で暮らし続けるために、地域の高齢者同士でお元気を維持するための活動を行い、お互いに生活を支えあうことが大切です。地域の仲間と介護予防活動に取り組みましょう。

 個々で健康維持のための活動をしていても、「独りでは長続きしない」」との声が多く、さらに認知症予防については皆で活動する方が効果的です。地域の仲間で集まって、楽しみながら活動を継続することが「成功の秘訣」です。

介護予防クラブ支援 ~「お達者なまちづくり」応援します

 地域での介護予防活動について、自主的な予防活動グループの立ち上げや、ボランティアの養成、活動継続のための専門的なアドバイス、補助金交付などを総合的に行い、介護予防の取り組みが地域に広がっていくことを目指します。

地域での生活を継続するために「助け合い」が必要になります

  みなさんが年齢を重ねて「足腰が弱い」「認知症」等の状態になった時には、生活面での支援が不足すると、お住まいの地域で暮らし続けることが難しくなると言われています。

 介護保険サービス等は支援できる範囲が限られているため、「ごみ出し」や「電球の交換」、「衣替え」など様々な生活の場面での支援には対応することができません。高齢者のみの世帯が増え、生活支援のボランティアが不足することが予想されますので、今後はご近所同士で生活を支えあう「助け合い」が重要になると言われています。

 困ったときにはいつでも助け合える様な仲間づくりのためにも、お元気な間から地域で交流して、楽しく予防活動を継続しましょう。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
介護予防担当
Tel:026-224-7873
Fax:026-224-8694
前のページに戻る ページトップに戻る