ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 医療・健康・福祉 > 介護 > 介護認定の申請手続きについて

介護認定の申請手続きについて

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

申請手続

介護保険のサービスを利用する場合、「要介護・要支援認定」を受けていただく必要があります。申請の手続きは、次のとおりです。

1 認定申請  市に「要介護・要支援認定申請書」を提出します。

申請窓口

介護保険課、各支所、市保健所健康課

申請者

本人または家族が申請。居宅介護支援事業者または介護保険施設に代行を依頼することができます。

必要書類

要介護・要支援認定申請書、介護保険の保険証、健康保険の保険証(40~64歳の人)、主治医の意見書(主治医から渡された場合)

申請書様式はこちら

2 認定調査・主治医の意見書

  • 調査員が訪問して、本人と家族から日常の生活や心身の状況について聞き取り調査を行います。
  • かかりつけ医が心身の状況について、医学的な立場から意見書を作成します。

  

3 一次判定

 訪問調査の結果と主治医意見書の内容をコンピューターで処理して、一次判定の要介護度を出します。訪問調査の内容や一次判定のための判定基準(コンピューターソフト)は全国共通です。

 

4 審査・判定(二次判定)

 長野広域連合に設置された「介護認定審査会」(保健・福祉・医療の専門家で構成)で、一次判定結果・調査票の特記事項・主治医意見書をもとに次の項目について審査します。

  • 介護サービスを利用する必要があるか。
  • どの程度介護サービスの利用が必要であるか。

 

5 認定・通知

 介護認定審査会の審査結果に基づき、市が認定し、認定申請から30日程度で結果通知と保険証を郵送します。認定結果は、介護(予防)サービスの必要度に応じ、「要支援1・2」「要介護1~5」または「自立」となります。  

要支援1・2

介護保険の介護予防サービス(予防給付)を利用できます。

要介護1~5

介護保険の介護サービス(介護給付)を利用できます。

自立

介護サービスを利用することはできませんが、地域支援事業の介護予防事業を利用できることがあります。

 

6 更新・変更申請

 認定には有効期間が定められています。有効期間満了後も引き続きサービスを利用するときは、認定の「更新申請」をする必要があります。有効期間満了の約2ヶ月前にお知らせしますので、必要な手続をしてください。また、有効期間の途中で心身の状況が変わったときは、認定の「変更申請」をすることができます。

 申請書様式はこちら

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
認定担当
Tel:026-224-7891
Fax:026-224-8694
前のページに戻る ページトップに戻る