ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 組織でさがす > 介護保険課 > 認知症カフェ(オレンジカフェ)設立を応援します。

認知症カフェ(オレンジカフェ)設立を応援します。

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年5月1日更新

認知症カフェ(オレンジカフェ)設立資金助成事業

趣旨

 認知症になっても住みなれた地域で、安心して尊厳あるその人らしい生活が継続できるよう、認知症状の悪化予防、家族の介護負担の軽減、及び地域での認知症啓発を目的として、認知症の人とその家族、地域住民の誰もが、気軽に参加し集える活動拠点となる認知症カフェを設立する団体または個人に対し、設立資金の一部を補助します。

対象となる団体及び個人

以下要件等のいずれにも該当する個人または団体

  1. 市内に住所を有し、市税等を滞納していない者
  2. 年度内に新たに認知症カフェを実施する予定の者 他 要綱参照 [PDFファイル/109KB]

補助を受ける用件

「認知症カフェ」を設立する事業で、以下の要件等をすべて満たすこと

  1. 長野市内に10人以上が活動できるスペースを設け利用者が参加しやすいカフェ形式の場作りと、駐車場の確保をすること。
  2. 月1回以上開設し、1回当たりの開設時間は、2時間以上とすること。
  3. 開設日は、固定するなど工夫をし、3年以上継続して実施すること。
  4. 市民ボランティア(キャラバンメイト・認知症サポーター及び一般市民)の積極的な参加を促進するとともに、地区住民自治協議会と連携し、地域住民からの支援に努めること。
  5. 認知症の人及び、家族からの相談に対応できる人員(長野市地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護事業所、認知症対応型生活介護事業所等の職員が望ましい)を配置すること。 他 要綱参照 [PDFファイル/109KB]

補助金交付の内容

認知症カフェ設立に要する費用に対し、1箇所につき20万円を限度に、予算の範囲内で補助金を交付します。

補助金の交付対象にならない経費

  1. 会場の賃借料、使用料、光熱水費、機材の借上げ費等の費用
  2. 特定の個人が所有し、または占有する物品の購入に要する経費
  3. 交付対象者の構成員による会合の飲食費
  4. 交付対象者の構成員に対する人件費及び謝礼
  5. その他市長が適当でないと認める経費

 

申込期間

  • 期間  平成29年4月~平成29年12月28日(予算が終わり次第終了します)
  • 申込先  保健福祉部介護保険課中部地域包括支援センター(第2庁舎1階)電話:224-7174(直通)Fax:224-8694

※申し込みの際は、事前に介護保険課までお電話ください。

申請に必要な書類

補助金交付決定

申請書類の確認後、市から交付決定の通知をします。

補助金請求に必要な書類

補助事業の内容の変更等がある時

要綱等

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
中部地域包括支援センター
Tel:026-224-7174
Fax:026-224-8694

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る