ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 自然・環境・公園 > 環境保全 > 市内の微小粒子状物質(PM2.5)の状況について

市内の微小粒子状物質(PM2.5)の状況について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年4月3日更新

微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起情報について

              

  現在、微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起情報は発表されていません。

              

微小粒子状物質(PM2.5)について

 微小粒子状物質(PM2.5)は、大気中の直径2.5マイクロメートル(0.0025ミリメートル)以下の粒状の物質のことをいい、物を燃やしたときに出る煙・ススや、自動車の排気ガス、工場からの煙といった人間の活動が原因で発生するものと、黄砂、火山灰といった自然由来のものがあります。
 PM2.5は非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、肺に加え、心臓などへの影響も心配されています。

 本市では、西日本を中心に高い傾向にあるPM2.5の状況を踏まえ、市内の監視を強化するため、新たに篠ノ井局で平成26年7月からPM2.5の測定を開始しました。

市内のPM2.5の測定結果

 現在の市内のPM2.5の常時監視局は、篠ノ井局、鍋屋田局(平成23年5月測定開始)、県が管理している環境保全研究所局(安茂里)の3か所です。
 市内3か所の最新の測定結果(1時間値)については、以下のページを参照してください。なお、この測定値は速報値であり、確定値ではありません。

環境基準について

微小粒子状物質(PM2.5)に係る環境基準(平成21年9月9日 環境省告示第33号)
1年平均値が15マイクログラム/立方メートル以下であり、かつ、1日平均値が35マイクログラム/立方メートル以下であること。

 

環境基準の達成状況(単位:マイクログラム/立方メートル=μg/m3)

年度測定局年平均値年平均判定日平均値*日平均判定総合判定
23鍋屋田13.0達成31.3達成達成
24鍋屋田12.3達成27.5達成達成
25鍋屋田11.5達成30.2達成達成

26
**

鍋屋田12.0達成31.8達成達成
篠ノ井10.6達成25.2達成達成

* 98パーセンタイル値(年間の日平均値を小さい順に並べた98%目の値)
** 速報値による評価のため、後日訂正される可能性があります。

PM2.5の注意喚起について

 中国における大気汚染の報道等で話題となっている微小粒子状物質(PM2.5)について、環境省は、「注意喚起のための暫定的な指針」(平成25年2月27日第3回PM2.5に関する専門家会合/判断方法の改善:11月13日第5回専門家会合)をとりまとめました。

 この指針値を超えることが予測される場合、長野県が「長野県微小粒子状物質(PM2.5)に関する注意喚起要綱」に基づき注意喚起情報を発表しますので、本市ではこの情報を受け、防災行政無線、ホームページ、ツイッター等で広く市民の皆さんに注意喚起情報を提供する予定です。

 なお、本市では現在まで暫定指針値(日平均70μg/m3)を超過した日はありませんが、指針値以内の場合であっても、呼吸器系や循環器系疾患のある方など高感受性者は、微小粒子状物質による影響を受けやすいので、体調の変化に注意してください。

関連情報

外部サイト(新しいウィンドウで開きます)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
環境保全担当
Tel:026-224-8034
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る