ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年11月22日更新

果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業

※平成29年度のユーザー(まき利用者)の申し込み受け付けは終了しました。

「果樹剪定枝等まきストーブ活用推進事業」とは

 この事業は「ストーブのまきを自己調達(木を適当な長さに切る、割るなどの作業や、運搬などを自ら行ってまきを調達すること)したい!」という方と「不要な果樹剪定枝等を引き取ってほしい!」という農家の方それぞれに登録していただき、適当な相手をご紹介する事業です。事業の大まかな流れは以下のとおりです。まきの利用を希望する方(ユーザー)、または果樹伐採木の提供を希望される農家の方に、個別に申し込んでいただきます。

  1. まきの利用を希望する方(ユーザー)、または果樹剪定枝等の提供を希望される農家の方に、個別に環境政策課地球温暖化対策室に申し込んでいただきます。

  2. 申し込みを取りまとめて、それぞれに何人か(おおむね5人程度)の住所・氏名など必要な情報を提供します。

  3. ユーザー、農家ともに、提供された情報を基に条件が合いそうな相手方に問い合わせます。

  4. 日時を調整し、ユーザーは、相手方農家の果樹園など現地へ行き、必要な作業をして果樹剪定枝等を持ち帰ります。

    ※お互いに金銭のやりとりはありません。

事業の目的

 この事業を通じて、果樹の剪定枝等を、まきストーブなどの燃料(まき)として活用することで、地球温暖化の原因となる、化石燃料に由来する二酸化炭素(CO2)の排出を減らし、併せて農業残渣の有効活用を通じた農業振興支援を図ることを目的としています。

事業に申し込みできる方

 長野市にお住まいの、以下のような方が事業対象です。

  • 果樹農家で果樹剪定枝等の処分に困っている方

    (※庭木、建築廃材等は本事業の対象とはしていません。)

  • まきストーブ等の燃料を自己調達したい方

    (※伐採、収集、まき割り等の必要作業がご自分でできる方。)

ユーザー(まき利用者)の申し込み受け付けは終了しました

平成29年度のユーザー(まき利用者)の申し込み受け付けは終了しました。

農家(まき提供者)の申し込みは受け付けています。

事業への申し込みを希望される方は、申請書に記入の上、郵送、Fax等で長野市環境政策課地球温暖化対策室へご提出ください。

   申込書(農家・まき提供者用) [Wordファイル/18KB]

  申込書(農家・まき提供者用) [PDFファイル/185KB]

まきストーブの利用にあたっては

まきストーブを使用するみなさんは、まきを十分に乾燥させて使用するなど、煙やにおいが周辺の迷惑になっていないか、常に気配りをお願いします。

まきストーブの適正な利用について [PDFファイル/133KB]

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
地球温暖化対策室
Tel:026-224-7532
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る